個人病院が1番人気!自分にあった産院選び方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



TohoFujinClinic 003

 

産婦人科には、総合病院や大学病院、分娩施設のある産婦人科病院や個人病院、助産院、お産を扱っていない産婦人科クリニックの4タイプがあります。

「産院ならどこも同じ」と思い、希望に沿わないを選んで後悔しないためにもしっかりと選ぶ必要があります。

今回は産院の選び方と転院について紹介します。

・初診を受けよう

妊娠検査薬で陽性が出たら産院で初診を受け、子宮内に妊娠していること、順調に育っていることを確認してもらう必要があります。

まれに異所性妊娠をしていることがあるので、なるべく早めに産婦人科を受診しましょう。

ただし、妊娠確定には胎嚢や心拍などの確認が必要で、初診時すぐに妊娠が確定されないこともあります。

しかし、その産院で分娩を扱っているかは確認しておきましょうね。

妊娠が確定したら、赤ちゃんを産む場所を探します。

初診した産院で必ずしも分娩する必要はありませんが、その時点で分娩予約を受け付けるところが多いようです。

また、妊娠反応が出てすぐに分娩予約が必要になる産院もあります。

人気の産院は予約が取りにくいので、気になる産院があったら早めに問い合わせてみると良いですね。

・自分にあった産院の選び方

産婦人科の病院は、総合病院や大学病院、分娩施設のある産婦人科病院や個人病院、助産院、お産を扱っていない産婦人科クリニックに分けられます。

総合病院や大学病院

持病がある人や多胎などのリスクを伴って妊娠、出産となる人や高齢出産の人におすすめです。

切迫早産、未熟児での出産など心配や不安がある場合は、いざという時にさまざまな医療行為を受けられますし、NICU(新生児特定集中治療室)がある点も安心です。

また、風邪や持病の診療を同じ病院内でしてもらえますね。

入院中は同じ病室のママたちとコミュニケーションがとれます。

分娩施設のある産婦人科病院や個人病院

産婦人科専門の個人病院は、ママたちに1番選ばれている産院です。

持病がなく健康な人、アットホームな雰囲気の中でお産がしたい人、特色あるサービスを求める人におすすめです。

食事や部屋にこだわりがある産院が多いですし、地域に根ざしている産院は評判も耳に入りやすいと思います。

陣痛がくるとすぐに駆け込める近さもポイントです。

助産院

健康で妊娠経過も順調な人におすすめです。

お産にこだわりがある人、家族的な雰囲気の中で出産したい人は助産院向きです。

お産を扱っていない産婦人科クリニック

里帰り出産をする人、妊娠前に通院していて引き続き経過を診てもらう人におすすめです。

別に分娩できる産院を探す必要があります。

・産院を決めたら

初診から出産まで診てもらう場合は初診を受ける前に産院選びが必要になりますが、初診後に改めて産院を探しても良いです。

もし妊娠や出産がハイリスクだったり、里帰り出産を希望したり、初診の産院が合わないと感じたら紹介状を書いてもらいましょう。

紹介状がなければ妊娠検査が重複し費用が再度かかってしまいます。

妊娠の経過を正確に転院先に伝えるためにも、自分から確認してなるべく紹介状を書いてもらいましょうね。

産院を選ぶ時最も大切なことは、ママが安全に妊娠、出産することです。

そのために医師と相談し、自分がどの程度リスクを抱えているのかを確認して必要な医療行為をしてもらえる産院を選びましょうね。

TohoFujinClinic 003 / kc7fys

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。