赤ちゃんの骨や歯を作る!妊娠中に必要なカルシウムの摂取量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Cosmin & Sasha

妊娠中はママの摂った栄養で赤ちゃんが成長していくので、食事でしっかりと栄養を補う必要があります。

特にカルシウムは、妊娠前の食事でも不足しやすい栄養素なので、妊娠中は気を付けて摂取しなければなりません。

妊娠中にカルシウムが必要な理由や摂取法を知って、赤ちゃんに十分な栄養を届けられるようにしたいですね。

・妊婦がカルシウム不足になる理由

体内にある99%のカルシウムは骨や歯に蓄積されており、残りは血液や筋肉、神経内にあります。

血液中のカルシウム濃度は一定に保たれるようになっているので、カルシウムが不足すると骨や歯に蓄積されたカルシウムが使われるようになっています。

胎児の骨や歯を作る時カルシウムが必要になるのですが、不足するとママの骨や歯に蓄積されたカルシウムがどんどん溶け出し胎児へ運ばれる仕組みです。

つまり、ママの骨密度が低下してしまうのです。

その他イライラしやすい、肩こりや腰痛を起こしやすい、高血圧になりやすいなどのリスクもあります。

胎児の骨や歯まで弱らせてしまうことも考えられるのです。

・必要なカルシウム摂取量

成人女性は1日に約600㎎のカルシウムが必要とされていますが、妊娠中は赤ちゃんに優先的にカルシウムが遅れるため1.5倍の900㎎の摂取が必要だとされています。

特に妊娠4週から9週は骨の形成が行われるため、つわりがひどくなければカルシウムを積極的に取り入れて欲しいと思います。

カルシウムが多く含まれる食品

  • 牛乳
  • 桜えび
  • ししゃも
  • しらす干し
  • チーズ
  • ひじき
  • モロヘイヤ、小松菜
  • バジル、しそ
  • わかめ
  • 豆腐、納豆

ビタミンDが多く含まれる食品

カルシウムを摂取することは大切ですが、体内に吸収させるために酢やビタミンDの食品と一緒に摂取すると吸収率を高めることができます。

  • しらす干し
  • にしん
  • さんま
  • しいたけ
  • まいたけ

ビタミンKが多く含まれる食品

また、ビタミンKはカルシウムが骨となるために必要なたんぱく質を活性化してくれるため、一緒に摂取ことで血液中にカルシウムが溶け出しすぎないようにしてくれます。

  • 納豆
  • モロヘイヤ
  • ほうれん草
  • わかめ

マグネシウムが多く含まれる食品

マグネシウムはカルシウムを吸収する上で重要な役割を持ちます。

カルシウム2から3に対して、マグネシウム1を摂取ようにすると良いですね。

  • アーモンド
  • ごま
  • 油揚げ
  • ひじき
  • バナナ

・カルシウムの摂り過ぎに注意

カルシウムが大事だと言っても、摂り過ぎには注意が必要です。

過剰摂取は高カルシウム血症になり、皮膚のかゆみや吐き気、便秘などを引き起こします。

食品だけでは1日の上限である2300㎎を超えることはほとんどないと思いますが、サプリメントを飲んでいる場合は注意が必要です。

赤ちゃんのために900㎎から2300㎎の範囲でカルシウムを摂取し、その他の栄養素もバランスよく取り入れるようにしましょうね。

Cosmin & Sasha / bortescristian

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。