大学病院は高度な医療が受けられる!産院選びの優先ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Surugadai Nihon University Hospital

産院選びの際、ママたちが求めるものは複数あると思います。

しかし1番大切なことは、無事に赤ちゃんを産むことです。

まずは自分に必要な医療を備えた産院を候補にあげ、その中から求めるサービスに優先順位をつけて消去法で決めていくと良いですね。

持病や高齢出産などリスクがある場合、総合病院や大学病院を選ぶことで安心して出産に臨めるはずです。

今回は大学病院のメリットとデメリットを紹介します。

・大学病院ってどんな病院?

大学病院とは大学に付属する病院で、高度な医療が受けられます。

「教育」「臨床」「研究」の3分野を実践しており、さまざまな専門知識や技術を持ったスタッフが在籍しています。

また、総合的な専門医療を行っているので緊急体制が整備されており、他の科とのつながりが強いので医療提供が可能な病院です。

・大学病院のメリット

施設によってはNICUがありますし、整った設備とハイリスクに対応できる優秀なスタッフが在籍しているため、いざという時に安心して出産することができます。

高齢出産である人、血圧が高い人、持病がある人は大学病院がおすすめです。

また、高度な医療を求め出産スタイルにこだわらない人にも良いと思います。

もしハイリスク出産と初めからわかっていれば、優先的に入院させてもらえるのもメリットです。

・大学病院のデメリット

ハイリスク出産の人が優先的に入院できるという反面、ハイリスクの可能性がない場合でその地域に大学病院が1つしかない時は入院を断られる可能性があります。

また、紹介状が必要などの受け入れ条件があったり、出産費用が個人病院と比較すると割高になることが多いようですね。

診察時と出産時に担当医が変更になることもあります。

予約制ですが待ち時間が長くなるので、ハイリスクではない場合は避けた方が良いかもしれませんね。

事前に確認はされますが、出産時に研修医が見学に入ることもあるのでたくさんの人に見守られながらの出産になるかもしれません。

・自分にあった産院探し

ハイリスク出産の場合は、赤ちゃんを無事に産むためには大学病院などの医療体制が整った病院を選ぶことが最優先です。

リスクに対応できる施設とスタッフがいることは心強いですよね。

ただし、自宅から産院までの距離や出産費用、希望の出産スタイル、立ち会い出産が可能かなども含めて、自分に1番あった産院を選びましょうね。

Surugadai Nihon University Hospital / Dick Thomas Johnson

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。