助産師によって言うことが違う?看護師との違いや役割とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Studentky

普通病院に行くと、医師が診察し看護師が診察の補助を行ってくれますよね。

産婦人科に行くと、医師や看護師の他に助産師という人もいます。

妊婦健診や分娩の時、産後の授乳などでお世話になることが多いのです。

助産師によって言うことが違い悩むママがいたり、助産師に健診してもらうことが不安なママもいるようです。

今回は妊婦になると関わることが多くなる助産師について紹介します。

・産婦人科の看護師と助産師の違い

産婦人科では医師の他に、看護師と助産師がいます。

しかし同じ服装をしていて、見ただけでは区別ができないことが多いと思います。

法律でいうと、産婦人科で働く看護師と助産師は保健師助産師看護師法に定められた国家資格を持っています。

その法律の中で、看護師は傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話まだは診療の補助を行います。

助産師は、助産または妊婦、褥婦もしくは新生児の保健指導を行うようになっています。

どちらも医師免許はなく医療行為や診断はできませんので、医師の指示の元で看護や診療の補助を行ってくれます。

そのことを踏まえた上で、産婦人科で働く看護師と助産師の違いを具体的に見ていきましょう。

産婦人科で働く看護師

産科に来る患者や妊婦がスムーズに診察や妊婦健診を受けられるよう補助を行います。

また女性特有の病気や、妊娠中の流産や早産の可能性がる妊婦が入院した場合の看護や、分娩や産後の看護をします。

助産師

助産師は看護というより、妊婦や褥婦、新生児が問題なく生活できるように指導したり、妊娠中や産後の生活での不安や悩みの相談をうけます。

・助産師の役割

助産師は看護師の資格を持つ人が、助産師の知識と技術を学ぶための学校へ1年以上通った人たちです。

医師による妊婦健診を受けたあと、助産師外来に行ったり別室で助産師から個別に指導を受けたり相談をすることができます。

妊婦健診の数回は、診察から生活指導までじっくり時間をかけて助産師外来で行うこともありますよ。

ただし、正常妊娠の場合のみ助産師が健診などを行ってくれます。

もしハイリスクな妊娠だったり、正常から逸脱した妊娠の場合は医師が診察して薬なども処方してくれます。

助産師は正常分娩の場合赤ちゃんを取り上げるのが可能ですので、呼吸法など安全にお産が進むよう指導したり、分娩の進行状況によっては看護師に指示したりすることもあります。

・助産師によって言うことが違う?

産後に母乳指導を助産師に受けて、戸惑った経験があるママもたくさんいます。

それは助産師が変わると、方針が変わってしまうことがあるからです。

助産師の指導に振り回されて、叱られて、落ち込んで、という経験をしたかもしれません。

助産師は専門の知識を学んでいるはずですが、母乳に関しては満足するほどのカリキュラムと実践ができていないのが現状です。

言い伝えや習慣が根強くある産婦人科の分野では、時代の流れに沿って勉強が追いついていない人もいるようです。

だからといって助産師を否定しているわけではありません。

多くの助産師はママの力になりたいと思って働いてくれています。

ママと赤ちゃんに寄り添って悩みを聞いてくれたり相談に乗ってくれる助産師は必ずいます。

助産師の言うとおりに母乳をあげることがストレスになり、逆に母乳がでなくなってしまうこともあります。

赤ちゃんの体重が順調に増え母乳をあげることにママがストレスを感じない方法であれば、あくまでも助産師の意見は1つの方法として受け止め、ママの育児方針に寄り添ったやり方で進めて行きましょう。

1から10を手助けするのではなく、寄り添ってママたちの訴えに耳を傾け、「一緒に頑張りましょう」と言ってくれる助産師と出会えると良いですね。

Studentky / plastique

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。