妊婦健診を受ける前の手順とは?健診の頻度はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



4/366 - Home visit from the Midwife

妊娠すると産婦人科に通って妊婦健診を受けることになります。

通う回数や内容は妊娠週数によって異なり、自治体から受けられる助成も住んでいる地域によって異なります。

今回は妊婦健診に通う頻度について紹介します。

・妊婦健診とは

妊婦健診は妊娠してから出産まで定期的に受ける健診のことをいいます。

健診の頻度は妊娠週数や妊娠の経過によってさまざまです。

内容も毎回同じ検査をする項目と、週数に応じた検査項目があるため、費用もその時々で異なります。

費用は自治体による助成を受けられるため、大きな負担になることは少ないですね。

・妊婦健診を受けるための手順

妊婦健診を受けるには、役所で妊娠届を提出する必要があります。

妊娠を判定する段階ではまだ妊婦健診とはいわず、妊娠が医療機関で確定すると医師から指示がありますので、住んでいる地域の役所に妊娠届を提出し、母子健康手帳と妊婦健診費助成の受診票(妊婦健診補助券)を受け取りましょう。

補助券には住所や氏名を記入するところがありますので、事前に記入できるところはしておくと良いですね。

妊婦健診後は医師や助産師に必要欄に記入してもらい会計時に提出しましょう。

そうすると助成金額を差し引いた金額のみ支払うことになります。

健診の内容によっては無料になることもありますので、健診のたびに持っていくようにしましょうね。

・妊婦健診の頻度

妊婦健診の標準的な受診回数は14回です。

しかし母子の健康状態や多胎であるか等で健診回数は異なりますので、医師の指示に従って決められた健診日に受診しましょう。

標準的な受診の間隔は、妊娠初期は4週に1回、妊娠中期は2週に1回、妊娠後期は正常な出産ができるかを調べるために1週間に1回になります。

予定日を過ぎても産まれない場合は、1週間に2回健診を行う病院が多いですね。

妊婦健診は母体の健康と、赤ちゃんが順調に育っているかを調べる大切な項目ばかりです。

いち早く異常に気づき対処する機会でもあります。

決められた健診日を必ず守って受診してくださいね。

4/366 – Home visit from the Midwife / Daddy-David

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。