妊婦健診で浮腫検査をするのはなぜ?むくみの予防法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Legs

妊娠していなくても足がよくむくむ人とむくまない人がいますが、妊娠中は体質にかかわらず足がむくみやすい傾向にあります。

妊婦健診では浮腫検査を毎回行いチェックするほど、体調を管理する上でむくみを調べるのは重要な項目の1つです。

今回はなぜ妊娠中にむくみやすくなるのか、また赤ちゃんへの影響について紹介します。

・足がむくみやいのはなぜ?

塩分のとり過ぎや運動不足がむくみの主な原因ですが、妊娠すると血液内の血漿(けっしょう)という液体が赤血球などの血球成分より多くなります。

簡単にいうと体内の血液量が増えるということです。

血漿には血球などの細胞は含まれておらず90%以上が水分です。

血管がスムーズに流れやすく血栓ができるのを防ぐ役割があるため、母体と赤ちゃんを繋ぐ胎盤の循環が良くなり、赤ちゃんへ栄養が届きやすくなっています。

つまり、血液量が増えるのと同時に体内の水分量も増えるためむくみやすくなっているのです。

また、妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんが大きくなりその重みが足の付根にかかることで、太い血管が圧迫されむくみやすくなります。

・浮腫検査はいつから?

妊娠12週頃から血液量が増え始め、妊娠30週にはピークになります。

ピーク時は非妊娠時の1.4倍の血液量になるといわれています。

そのため、浮腫検査は妊娠12週以降の妊婦検診で毎回行われます。

また、むくみがひどいと妊娠高血圧症候群の可能性があるため、いち早く症状に気づくための検査でもあります。

足のすねを指で押して、むくみ度合いを確認します。

・むくみの予防法

運動をする

お腹が重くなると運動するのが大変になりますが、まったく体を動かさないのはよくありません。

足を動かすことで滞りがちな血流が流れるので、ウォーキングや立ったり座ったり、無理のない範囲で取り組みましょう。

ふくらはぎのポンプ機能を意識して足を動かすことで、むくみの予防だけではなくだるさも解消できます。

足を高くして寝る

寝る時の足の下にクッションなどを置いて高くして寝るとむくみ予防ができます。

血行が良いお風呂あがりなどにマッサージをしてから寝るのも良いですね。

足を冷やさない

足は冬だけではなく、夏もすぐに冷えてしまいます。

冷えると血流が悪くなりますので、フットバスなどで温めましょう。

レッグウォーマーや靴下を履いて冷えから守りましょうね。

塩分を控える

妊娠中は塩分を控えた食事を摂るようにしましょう。

人間の体は塩分に含まれるナトリウム濃度を一定に保とうとする働きがあるため、塩分を取りすぎると濃度を薄めようと水分を多く取りこんでしまい、むくみを引き起こします。

塩分を控えながら、余分なナトリウム排出してくれるカリウムを多めに摂取するのもおすすめです。

納豆やこんぶ、りんご、バナナなどが良いですね。

・むくみによる赤ちゃんの影響

むくみが妊娠高血圧症候群によるものの場合は、早産や流産、常位胎盤早期剥離、前期破水などの原因になり赤ちゃんが危険な状態になります。

血圧も妊婦健診で毎回チェックをするため、妊娠高血圧症候群には早く気づくことができるでしょう。

むくみだけの場合は、顔や足がむくみ「太ったかも」と心配になるかもしれませんが、基本的に痛みはなく指で押すと痕が残ります。

むくみを気にしすぎるあまり、極度の食事制限や無理な運動をしてしまう方が赤ちゃんには悪影響です。

出産後自然に治っていくものなのであまり心配いりませんよ。

・妊娠中は無理をしない

立ち仕事をしていたりデスクワークが多い妊婦はむくみやすい傾向にあります。

また、冷え性や運動不足、高齢の妊婦もむくみやすいですね。

むくみを解消することは大切ですが、無理のない生活がむくみ予防になります。

疲れたら休み、リラックスした妊婦生活を送るようにしましょうね。

Legs / projectidea

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。