大好きなディズニーランド!妊娠中に行けるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



東京ディズニーランド

ディズニーが大好きというママは多いと思います。

妊娠前は年に何度もディズニーランドを訪れていたというママは、妊婦だけどディズニーランドに行っても大丈夫かな、と疑問を持ったり、ミッキーに祝福してほしいと思うママもいるはずです。

妊娠中だからといって自分の趣味を制限してしまうと、返ってストレスになってしまうこともありますね。

今回は妊娠中にディズニーランドへ行くときの注意点を紹介します。

好きなことをして妊娠生活を楽しめると良いですね。

・疲れる前に休憩を

妊娠何か月かによっても変わりますが、妊娠中はお腹が大きいのでとても疲れやすいです。

妊娠による貧血を起こす可能性もあり、日差しのある時にはなおさら注意が必要です。

こまめに水分補給をするようにし、疲れていないと感じていても休憩を取るようにしましょう。

妊娠初期でつわりがある場合、トイレが近くにあるとは限りませんし、吐き続けると脱水の恐れもありますので、つわりが治まり安定期に入ってから行くのが良いかもしれませんね。

・人混みに行かない

ディズニーランドに行っているのに、人混みに行かないなんて無理と思うかもしれませんが、大切なことです。

万が一はしゃいでいる他の小さい子どもが、前を見ずにお腹に思い切り突っ込んできたとしたら。

人混みで急に押され、バランスを崩して柱や床におなかを強打してしまったら。

おそらく責められるのはママ自身ですね。

大きなお腹してこんな混んでいるところへ来るなんてと非難を浴びてしまいます。

できるだけお土産などの買い物は空いている時間帯に行くようにし、大人気のアトラクションやパレードは避けるようにしましょう。

常にお腹を守れる姿勢で歩くように心掛け、自分の身は自分で守れるよう様々な自体を想定して行くようにすると良いですね。

ディズニーランドへ一緒にいくパパや友達などには、周辺の状況に気を配ってもらえるよう頼んでおくと安心です。

お腹が大きいからと言って、周りが遠慮してくれるのが当たり前といった思いで行かないようにしましょう。

夢の国ですからみんな何かに夢中で、妊娠中の人が側にいるとは想像もしていないと思ってくださいね。

・ゲストアシスタンスカード

ゲストアシスタンスカードとは、病人、ケガ人、妊婦さんなど介助サポートが必要な方を示す証明書です。

パーク来園予定日の1ヶ月前から電話で予約受付が可能で、無料で発行してもらえます。

もちろん当日でもエントランスで申請し発行してもらえます。

ゲストアシスタンスカードはアトラクションを優先して乗車できるものではなく、アトラクションに乗車するまでの時間を安全な場所で過ごせるなどのサポートが受けられます。

決まったサポート内容があるわけではなく、妊婦の状態によって移動や待ち時間に負担がかからないようにサポートしてくれるものなので、待機時間を短くしたい場合はファストパスをうまく利用しましょうね。

・早めに切り上げる

閉園時の混雑を避けるためにも早めに切り上げて帰るようにしましょう。

楽しくて名残惜しいと思いますが、20時の花火を見たら帰るのが良いと思います。

お腹の赤ちゃんのためにも遅くまで出歩かず、規則正しい生活を心がけましょうね。

いろいろと気を付けなければいけないことは多いですが、お腹の赤ちゃんとママの体を第一に考えてディズニーランドを楽しめると良いですね。

東京ディズニーランド / Kentaro Ohno

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。