お腹が張った時の解消法!張りやすい妊娠中の体質とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



タイトルなし

妊娠中のお腹の張りに自分で気付けるママもいますが、実は張っているのに自分で気づけなかったというママが多くいます。

お腹が張ると、腕を伸ばした状態の二の腕の柔らかさと、力こぶを作った時の筋肉の固さくらいの違いがあるのです。

今回は張りやすい体質と解消法を紹介します。

・お腹が張りやすい体質

体質的にお腹が張りやすいママもいれば、生活スタイルによって張りやすくなっている場合があります。

それぞれ当てはまる項目が多いほど張りやすい傾向があります。

体質

  • 便秘気味
  • 子宮筋腫がある
  • 多胎妊娠
  • 後期流産、早産の経験がある
  • 歯周病
  • 妊娠糖尿病
  • 冷え性

生活スタイル

  • 素足で過ごす
  • 煙草を吸う
  • 立ち仕事
  • きつめのインナーをつけている
  • 睡眠時間が短い
  • 満員電車で通勤
  • 上の子を抱っこしたり、授乳をしている

・お腹が張った時の解消法

1.椅子やソファに座る

お腹が張ったら足を少し開き気味で座りましょう。

子宮への血流がよくなると、張りが治まりやすくなります。

2.深呼吸する

大きく深呼吸して、全身に酸素が行き渡るようにしましょう。

ママが落ち着くと赤ちゃんにも酸素が届きます。

3.出血を確認する

張りと一緒に出血している場合、流産や早産につながる危険があります。

必ずトイレに行き出血の有無を確認しましょう。

もし出血があれば、すぐに産院へ連絡して指示を仰ぎましょう。

4.横になって安静にする

出血がなければ安全な張りである可能性が高いので、横になって張りが治まるのを待ちましょう。

お腹を圧迫しないように横向きが良いですね。

両足のクッションを挟んだり、抱枕を使いましょう。

・張りの頻度を確認

普通の生活を送っていてもお腹が張ることはよくありますね。

その張りを危険な状態にしないためには、できるだけ体を休めることが大切です。

そして、その張りが1時間に何回起きるのか、張りの強さはどうかなどを確認しましょう。

張りが規則的なのか不規則なのか、1時間に何回張るのか、出血はあるかを確認し、産院に連絡して伝えることでより適切な指示を仰ぐことができます。

無理をせず、体を休めることを忘れないでくださいね。

タイトルなし / Parker Knight

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。