内診グリグリってなに?そもそも内診の目的とやり方って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Examination Table Grand Rapids Allergy

産婦人科に行くのが怖いと感じている女性が多いのは、内診があることですよね。

妊娠すると検査のために内診をしたり、臨月には内診グリグリと呼ばれる卵膜剥離を行うこともあります。

想像すると怖いかもしれませんが、妊婦にとっては大切な処置の1つです。

今回は内診の仕方や内診グリグリについて紹介します。

・内診の目的

医療現場で内診と呼ばれるのは、通常指を膣内に入れて膣内とお腹から触診することをいいます。

内診と同時に膣鏡診というのも一緒にやることが多いです。

内診をする目的は妊娠週数によって違います。

妊娠の可能性があり初診を受けた時は、子宮の大きさやかたさ、子宮外妊娠などの異所性妊娠の否定、子宮筋腫や卵巣のう腫の有無を調べます。

妊娠20週前後、24週頃、30週頃、37週頃の妊娠中期や後期の内診は、流産や早産のリスクを見つけるのが目的です。

ただし、病院や医師によっては出産予定日まで内診をしない病院もあります。

・内診の方法

内診は膣内に指を1本から2本入れて、もう一方の手でお腹さわり子宮を挟むような形で触診します。

膣鏡診は、膣鏡(クスコ)という器具を使って視診をします。

膣の内壁がくっついているので、膣鏡で開いて目で直接異常がないかを調べます。

内診は病気や異常が疑われるという部分までしかわからないため、診断する時は膣鏡や超音波を併用します。

内診だけで終わるときもありますし、おりものが多いような時などは併用することがあります。

内診すると、母子健康手帳に「内診」というスタンプが押されることが多いです。

・内診グリグリとは

臨月になると内診の際に内診グリグリという卵膜剥離を行います。

卵膜剥離とは、医師の手や医療器具を使って子宮頸管、子宮壁と卵膜の間を引き剥がし、その刺激で陣痛を促すために行われる処置です。

臨月に入ると毎回行う病院もあれば、予定日を過ぎてから行う病院もあります。

痛みを感じる人もいれば、されたことに気づかなかった人もいます。

しかし、子宮口が硬いと痛みを感じやすいので、内診時は力を入れず大きく深呼吸すると良いですね。

リラックスして痛みを和らげましょう。

Examination Table Grand Rapids Allergy / stevendepolo

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。