妊娠初期に健康診断を受けても大丈夫?エックス線の影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



x-ray

妊娠に気づかず、健康診断でエックス線撮影を受けてしまったと不安になってる人がいるのではないでしょうか。

妊娠初期にもかかわらず受けてしまったという人もいるでしょう。

そこで気になるのが、赤ちゃんへの影響ですよね。

今回は妊娠初期に健康診断でエックス線撮影をしてしまった時の影響について紹介します。

・エックス線撮影の影響

妊娠初期は妊娠13週までの期間をさします。

妊娠4週から15週は赤ちゃんの大事な器官が育つ時期であり、薬の服用も1番避けなければならない時期とされています。

つまり、エックス線撮影もこの時期が1番影響が心配される時期といえます。

そして、妊娠4週から12週に放射線を100ミリシーベルト以上、妊娠10週から27週に120ミリシーベルトを超えると危険だとされています。

・健康診断での被ばく線量

国際放射線防護委員会によると、妊婦が被爆した場合影響が出るのは、しきい値で100mGyから200mGyです。

しきい値とは影響が出る最低線量のことをいいます。

健康診断で行われるエックス線撮影は胸部X線単純撮影が主なので、この数値を見てみると0.01mGy以下となっているので、しきい値に全く及ばない数値というわけです。

つまり、妊娠初期に健康診断を受けてしまっても心配ないと考えて良いということです。

ちなみに、他のエックス線検査の胎児への被ばく線量は以下の通りです。

  • 腹部X線単純撮影                  1.4mGy
  • 腰椎X線単純撮影          1.7mGy
  • 上部消化管造影(バリウム)  1.6mGy
  • 注腸造影検査            8.0mGy
  • 頭部CT                 0.005mGy以下
  • 胸部CT                                     0.06mGy以下
  • 腹部CT                                     8.0mGy
  • 骨盤部CT                                 25.0mGy

・医師に相談しよう

もし妊娠に気付かなかったり妊娠中にエックス線撮影をした場合、安全な数値とはいえ産婦人科の医師に相談が必要です。

受ける前に妊娠がわかっていれば、健康診断で妊娠中であることを伝えて十分に相談しましょうね。

相談することで不安が解消されるはずです。

妊娠初期は赤ちゃんの成長にとって大事な時期で、エックス線だけではなく薬の影響、栄養不足などでも影響を受けやすい時期です。

神経質になる必要はありませんが、あらゆる影響を考えて生活することは大事なことだと思いますよ。

x-ray / novascotiagal65

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。