エストロゲンとプロゲステロンの分泌を減らす食品がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



beautiful faces

女性ホルモンが私達の体にとって重要であることは知っていますよね。

エストロゲンとプロゲステロンが分泌することによって、排卵や生理が起こるようになっています。

体の調子を整えてくれる反面、イライラしたり肌荒れが起きたりなども女性ホルモンによる影響です。

しかし、妊娠するにはどちらも欠かせないホルモンなのです。

そのホルモンの分泌量を増やすことができる食品がある一方で、減らしてしまう食品もあります。

今回は女性ホルモンを増やす食品と減らす食品について紹介します。

・エストロゲンとは

エストロゲンとプロゲステロンは密接に関係しており、2つの分泌量が変化することで生理周期が成り立っています。

エストロゲンは生理開始から排卵日頃までに多く分泌されます。

この時期は肌の調子が良かったり、髪につやが出だり、化粧がのりやすいなど、体調が良いですよね。

これはプロゲステロンに含まれるコラーゲンのおかげです。

それだけではなく、卵胞を育てて排卵を促したり、子宮内膜を厚くする働きもあります。

妊娠するためにも重要なホルモンというわけです。

・プロゲステロンとは

一方でプロゲステロンは、排卵後から生理開始頃までに多く分泌されます。

プロゲステロンは女性の体にさまざまな不調を及ぼします。

生理が近付いてきたら肌荒れが起こったり、イライラしたり、胃腸の働きが悪くなったりもしますね。

しかしプロゲステロンは、厚くなった子宮内膜を維持して受精卵が着床するのを助ける働きがあります。

妊娠に絶対に必要なホルモンなのです。

・エストロゲンを増やす食品

エストロゲンを増やす食品は大豆製品です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンがエストロゲンに似た働きをするためです。

大豆製品は豆腐や納豆、味噌汁などがあり食事に取り入れやすいので、ぜひたくさん摂り入れて欲しいと思います。

ビタミンB6が豊富に含まれるキャベツやバナナもエストロゲンの分泌を増やしてくれます。

しかし、ブロッコリーやカリフラワー、きのこ、柑橘類はエストロゲンを減らしてしまうので摂り過ぎには注意が必要です。

・プロゲステロンを増やす食品

プロゲステロンを増やすにはビタミンEとビタミンCが良いですね。

どちらも抗酸化作用があることでその効果を高めあってくれます。

ビタミンEは青魚やかぼちゃ、豆乳やナッツ類に含まれ、ビタミンCは野菜や果物に含まれてます。

プロゲステロンを減らしてしまうのは、カップラーメンやコンビニ弁当などです。

食べ過ぎには注意が必要ですね。

・女性ホルモンの分泌を増やそう

妊娠を希望している女性にとって、エストロゲンとプロゲステロンの分泌はとても大切です。

妊活を始めたらバランスの良い食事を摂った方が良いですが、ホルモン分泌が増える食品を積極的に摂り入れたいですね。

減らしてしまう食品を紹介しましたが、摂り過ぎなければ心配ありません。

あくまでもバランスの良い食事を心がけましょうね。

beautiful faces / tommerton2010

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。