化学流産の前触れは出血や腹痛?生理との違いはどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Boy in the grass

化学流産とは、受精卵が着床できなかった場合や、着床できても胎嚢が確認できる前に胎児の成長が止まってしまった時のことをいいます。

つまり妊娠しかけていたのに、途中で妊娠が終わってしまうため「流産」という名前が付けられています。

ほとんどの人は化学流産に気づかずに過ごしますが、中には通常の生理とは違う出血や腹痛を感じる人もいるようですね。

今回は化学流産の症状について紹介します。

・化学流産とは

化学流産は、受精した受精卵が子宮内膜に着床できなかったり、胎嚢ができあがる前の妊娠が終了してしまうことをいいます。

産婦人科では胎嚢が確認されて初めて妊娠したと認められますが、化学流産はその前の段階で妊娠が終わってしまっているので、流産歴としても残りません。

ではなぜ妊娠に気づくのかというと、妊娠検査薬の精度が高まったことによって着床の段階で妊娠に気づくことができるようになったらかです。

着床すると分泌され始めるホルモンに反応して陽性反応を示すため妊娠に気づきますが、その後着床が続くかどうかは妊娠検査薬では判定することができません。

そのため、着床したけれど胎嚢が確認できるまで成長できなかった状態を化学流産といいます。

・生理と化学流産の違い

受精卵が着床しないか、着床が続かない場合、受精卵は生理と一緒に排出されるので、妊娠検査薬で妊娠に気づいていなければ生理として通常の生活をしていたことでしょう。

しかし中には、いつもの生理とは違う感じがして化学流産に気づく人もいます。

通常の生理はサラサラとした出血ですが、化学流産はドロっとした濃い感じの出血や、人によっては塊が出てくることもあります。

着床に備えて子宮内膜が厚くなっているため、それが剥がれて体外に排出されることが原因のようです。

白い塊が出ることがありますが、これは着床すると作られ始める赤ちゃんの袋(胎嚢)です。

白い塊が出てくるとわかりやすいかもしれませんが、出血の変化はよく見ないと気づかないかもしれませんね。

また、化学流産の場合生理数日前から生理中に、強い腹痛があることがあります。

通常の生理でも腹痛を感じる人は多いですが、化学流産は生理痛よりも痛みがひどかったという人が多く、人によってはお腹をえぐられるような痛みがあったという人もいます。

腹痛にも個人差があるので、痛みの変化に気付かないこともあります。

腹痛を感じる時期に腰痛を伴う人もいますが、生理痛の症状で腰痛を訴える人もいるので、これも通常の生理として過ごしてしまう可能性がありますね。

その他には、妊娠しかけている状態だったので妊娠初期症状と似た下痢や頭痛、吐き気を感じる人がいるようです。

化学流産が起こり体が通常のホルモン状態に戻ると、自然に症状が治まってくるはずです。

化学流産の場合、多くは生理予定日を過ぎてから生理が始まりますが、その症状は人によって通常の生理と変わらず、大差ないことが多いです。

化学流産をしても、その後の妊娠や流産への影響はありませんので過剰反応する必要はありません。

化学流産になってしまったことは悲しいですが、翌月から妊活を行うことができますので前向きに過ごすようにしましょうね。

Boy in the grass / benuski

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。