化学流産はいつまで起こる?安心できるのは妊娠何週目?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



This Photo is Brought to You By the Number Five

化学流産は、受精卵が着床できなかったり着床しても胎嚢ができあがる前に妊娠が終わってしまうことをいいますよね。

生理と一緒に受精卵は体外へ排出されるため、気づかない人も多くいますが、中には出血や腹痛などの兆候により気づく人もいるようです。

受精したのだからできれば妊娠に繋げたいと思いますが、化学流産が起こるのは受精卵の異常が原因なので、予防したり、化学流産を食い止めることはできないとされています。

では、いつまで化学流産の心配があるのでしょうか。

・化学流産とは

化学流産とは受精卵が着床しなかったり、胎嚢ができあがるまで着床が続かずに妊娠が終わってしまうことをいいます。

妊娠が終わってしまうと言いましたが、正確には妊娠が始まったとも言えない状況であるのが化学流産です。

妊娠というのは、受精卵が着床し赤ちゃんが入る胎嚢という袋ができてはじめて、妊娠としてカウントされるのです。

胎嚢ができる前に妊娠が終わっているので、妊娠検査薬によって妊娠に気づいている人にとっては妊娠の始まりを感じているかもしれませんが、妊娠検査薬を使っていなければ受精や着床があったことも気づかないので、医学的には妊娠としてカウントされず、流産歴にも含まれません。

・化学流産の症状

化学流産は遅れてきた生理として認識されるため、生理予定日より遅れてくること以外はほとんど違いがありません。

しかし妊娠に向けて厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちることで、出血量が多くなったり、ドロっとした塊が排出されることがあります。

着床があり胎嚢が出き始めていた場合は、胎嚢が排出されるので白い塊がみられることもあります。

生理痛がある人はわかりにくいかもしれませんが、腹痛がある人もいます。

個人差はありますが、生理痛より強い痛みを感じることもあるようです。

また、着床があったということは、妊娠を継続させるために一時的にホルモンバランスが妊婦と同じになっているので、妊娠初期症状である吐き気や頭痛、下痢などの症状があらわれる人もいます。

化学流産になるとこれらの症状がありますが、生理とほとんど変わらないので気づかないことも多いですね。

・いつまで化学流産する可能性がある?

化学流産の心配があるのは妊娠5週までです。

胎嚢ができるのが妊娠5週から妊娠6週なので、妊娠6週目以降は可能性が低くなります。

妊娠4週が生理予定日なので、安心できるのは生理予定日の2週間後ということですね。

産院のエコー検査で胎嚢が確認できれば、医学的に妊娠したことになります。

胎嚢が確認できる状態で妊娠検査薬を使えば心配が1つ減ることになるので、妊娠検査薬は生理予定日の1週間後に使用することが説明書に記載されています。

ただし早期妊娠検査薬の場合は生理予定日より前に使うことができるので、まだ胎嚢が確認できない時期に検査していることになります。

化学流産の可能性がある時期なので、使用する場合は慎重に考えてからにしましょう。

This Photo is Brought to You By the Number Five / cogdogblog

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。