着床後のおりものの変化とは?妊娠すると水っぽくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



drof of water

おりものは女性特有の分泌物ですね。

体調の変化や生理周期によっておりものの状態は変化し、その違いになんとなく気づいていると思います。

生理前にいつもと違うおりものが出てきたら、もしかして妊娠したかな?と思ってしまいますよね。

今回は妊娠初期のおりものの変化について紹介します。

・おりもの役割

おりものは、子宮頸部や膣からの分泌物で、子宮や膣内の古い細胞などが混ざりあって出てきたもののことをいいます。

通常は透明で白っぽく、やや粘り気があるのが特徴です。

おりものは細菌が膣内で繁殖するのを抑える自浄作用、大腸菌やカンジダ真菌の繁殖を防ぐ働きをします。

また、排卵期には精子がおりものに包まれることによって卵子までたどり着くサポートもしてくれます。

・おりものの変化

おりものは生理周期に合わせて状態が変わっていきます。

卵胞期(生理直後から排卵まで)

生理後のおりものは細菌などの侵入を防ぐためドロってしていて、粘り気が強いと感じると思います。

排卵期が近付いてくると精子が侵入しやすくなるように粘り気が弱まり、水のようにサラサラしたおりものになります。

その後糸を引くようなとろみが出てきて、少しずつ量が増えていきます。

排卵期(排卵日の前後)

おりものの色は透明なままですが、量がもっと多くなります。

とろみがある状態で、精子が卵子の元へ進みやすい状態のおりものになります。

黄体期(排卵後から生理まで)

排卵後は量が徐々に減少し、透明から白濁した色に変化します。

細菌などを侵入させないように、ややドロッとした粘り気のある状態になります。

生理前は排卵を終え、受精をサポートする役割は必要なくなるので、細菌などの侵入を防ぐための準備が進んだ状態です。

・着床した時のおりものの変化

排卵後に受精卵が着床するとおりものに変化がみられることがあります。

排卵後から生理まではおりものの量は徐々に減少するはずですが、着床すると分泌量が増えることがあります。

そして、排卵前後に近いおりものの状態が維持され水っぽく感じるかもしれません。

色は少し濁った色になるはずですが、中には茶色っぽくなることがあります。

これは妊娠超初期症状の1つで、着床出血がおりものに混じっていることが考えられます。

着床すると体内のホルモンバランスが変化することで、本来は排卵後に減少するはずの女性ホルモンが分泌され続けることが原因でおりものに変化があるようです。

状態や量が変化しますが、個人差があり一概にはいえませんが、いつもと違えば着床の可能性があると思います。

また、着床出血は100人に2人にしか起こらない現象なので、着床してもおりものの変化に気づける人は少ないかもしれませんね。

・妊娠初期症状はある?

おりものの変化は妊娠超初期症状の1つですが、誰にでも変化があるわけではありませんし、着床出血が起きることも珍しいので、おりものの変化だけで妊娠を決定づけることはできません。

おりものの変化があってから、高温期が2週間以上続いたり、つわりのような症状があるなど体調の変化があるかも一緒に確認しましょう。

もし生理予定日を過ぎても生理がこなければ、予定日の1週間後に妊娠検査薬で判定してみましょうね。

あくまでも、おりものの変化は予測であることを頭に置いておきましょう。

drof of water / Tim Geers

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。