胎盤の位置が低い?出産までに治る可能性はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Life inside

赤ちゃんとママを繋ぐ胎盤は、酸素や栄養を赤ちゃんに送る大切な役割を果たします。

そのため妊娠中に最も大事な臓器であると言っても過言ではありません。

しかし妊娠初期に胎盤にトラブルが見つかることがあります。

今回は低置胎盤というトラブルについて紹介します。

・胎盤の正常な位置

胎盤とは通常、風船のように丸い形をした子宮の上側の天井付近に作られます。

しかし低置胎盤とはその名の通り、胎盤が低い位置にできてしまうことをいいます。

前置胎盤というトラブルを聞いたことがあるでしょうか。

低置胎盤は子宮の底の部分の胎盤ができてしまうのですが、子宮口に胎盤がかかってしまうことを前置胎盤といいます。

子宮口は赤ちゃんが分娩時に通る産道の出口部分なので、低置胎盤とは異なる名前が付けられています。

とはいえ、低置胎盤は子宮口にかかっていなくても胎盤と子宮口の距離は2㎝以内と近いためリスクがあります。

子宮の底に胎盤ができてしまっているので、低置胎盤も前置胎盤も自然分娩が難しい状況です。

・低置胎盤の原因

低置胎盤になる原因ははっきりと解明されていませんが、なりやすい傾向はあります。

流産や人工中絶の経験、帝王切開の経験がある場合など子宮内膜が傷ついた経験がある場合、低置胎盤と診断されるケースが通常よりも多くなります。

また、これまでに自然分娩を経験したり多胎の場合も子宮周辺が傷つきやすいため、低置胎盤になるリスクが高いと言われています。

その他にも、喫煙習慣がある方や高齢出産といった場合も低置胎盤が起こりやすくなると考えられています。

しかし、禁煙すること以外は予防が難しいのが現状です。

・低置胎盤の徴候

低置胎盤は痛みなどの症状を感じることは少なく、妊婦検診のエコー検査で判明することが多いでしょう。

低置胎盤と診断されても治療する方法はなく、普段の生活を行うことになります。

担当医と相談して入院を勧められることもありますが、基本的には仕事も可能です。

低置胎盤の徴候としては、お腹の張りを感じる時子宮内では収縮が起こっていることが多く、それにより組織が傷ついて出血することがあるため、お腹の張りと出血が同時に起こる事が多いです。

出血が微量なら心配ありませんが、出血量が多い場合は危険をともうなう可能性があるのですぐに産院へ行きましょう。

また、お腹の張りを感じなくても出血することがあります。

出血が多かったり止まらない場合は、救急車を呼び低置胎盤だと伝えかかりつけ医に運んでもらうと良いですね。

出血が発生した場合は入院して止血剤や子宮収縮抑制剤を投与されることが多いですね。

これは大量出血を避けるためのものなので、入院中は絶対安静にして過ごすことになります。

・低置胎盤は治る?

低置胎盤は早ければ妊娠24週頃に診断されますが、赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮も大きく広がっていくため、広がりに沿って胎盤が子宮口から離れていくことも考えられます。

低置胎盤と診断されても、自然分娩を諦めなくて済むというわけです。

ただし、低置胎盤の治療法はないため、自然に位置が変わってくれることを願うしかありません。

・低置胎盤の分娩方法

低置胎盤は治っていくことがありますが、安定期を過ぎても低置胎盤が変わらない状態の場合は、自然分娩が難しくなります。

子宮口から胎盤の端の距離が0.1㎝から2㎝だと経膣分娩は10%程度しか実施できませんが、2.1㎝から3.5㎝だと63%で自然分娩の成功例があります。

しかし、胎盤と子宮口が近いことには変わりなく、産道から赤ちゃんがスムーズに出られなくなり分娩にかなりの時間がかかったり、産道に頭が挟まったまま赤ちゃんが出られない状態が続くと、酸欠状態になって重い障害を引き起こす可能性や、最悪の場合命にかかわることもあります。

また、自然分娩ができたとしても出血量が増えてママの命にも関わってくることがあります。

帝王切開でも自然分娩でも、事前に自己採血して万が一の大量出血に備えますが、担当医とよく相談して分娩方法を決めましょう。

・診断を受けたら安静に過ごしましょう

残念ながら低置胎盤の予防は難しく、また治療法もありません。

自然に治ることを待つほかありませんが、医師の指示に従ってリラックスして生活しましょう。

入院より自宅安静との指示が出ることが多いので、お腹に力が入る運動や家事を避けて、できるだけ横になって過ごしましょうね。

上の子がいて安静にできない場合は、医師と相談して入院することも可能です。

できるだけ安静にして出血しないような生活を送りましょうね。

Life inside / Mika Razafimbelo

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。