細菌性腟炎はどんな症状?臭いやおりものの特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Smalltalk unter Schwangeren

女性なら1度は感じたことがあるおりものの悩み。

いつもと違うと病気や性病を疑ったりしたこともあるかもしれませんね。

細菌性膣炎といい女性なら誰にでも起こりうる膣の炎症があり、放っておくと大変なことになってしまうかもしれません。

妊婦さんや妊活中の女性が発症することもあり、良い状態ではないのです。

今回は細菌性膣炎について紹介します。

・細菌性膣炎とは

膣の中は通常、乳酸菌があることによって強い酸性状態に保たれており、大腸菌や悪臭の元となる悪い菌が繁殖しないようになっています。

しかし過度な性行為や膣洗浄のしすぎ、疲れや体力の低下などによって膣内環境が損なわれると、乳酸菌による自浄作用が減少してさまざまな菌が膣内で繁殖しはじめ炎症を起こしてしまう状態を、細菌性膣炎といいます。

性病は特定の菌をもらって移る病気なので、性病とは違います。

・細菌性膣炎の症状

細菌性膣炎の1番の症状は、おりものの悪臭です。

魚のような生臭い臭いが特徴で、魚臭、アミン臭と言われる強い臭いがあります。

臭いが発生するかどうかは膣内に増えた細菌の種類によりますが、悪臭がすることが多いです。

特に生理後や性行為のあとは細菌が増えるため臭いが強くなります。

ひどくなると、ジーンズの下から臭いが漂ってくる女性もいるので日常生活に支障が出てしまうこともあるのです。

また、細菌性膣炎は陰部にかゆみや痛みを感じることがあります。

炎症が強くなると排尿時にしみて痛かったり、尿道周辺に違和感を感じるかもしれません。

悪化するとかゆみが強くなったり、増殖した菌が子宮や卵巣に感染することがあるので注意が必要です。

特に妊娠中や妊活中の女性にとっては、子宮や卵巣への影響は大きいため早めの対処が必要ですね。

おりものの特徴としては、灰色っぽく少量で、サラッとした水っぽいおりものが出ます。

性感染症や膣炎の多くはチーズのようなドロっとしたおりものが出ますが、細菌性膣炎は水っぽくなるので大きな違いがあります。

・妊娠中の細菌性膣炎に注意

妊娠中は膣内を酸性に保つ自浄作用が弱まるため、外からの雑菌が侵入しやすい状態です。

妊娠することでホルモンバランスが変化したり、睡眠不足や疲れから免疫が低下することが原因です。

細菌性腟炎を発症していると、流産や早産の危険性が高まります。

細菌性膣炎の原因菌が卵膜から子宮に広がり、羊水に達してしまう絨毛膜羊膜炎を引き起こしてしまうことがあります。

感染が羊水まで達すると前期破水を起こし早産の原因になりますし、下腹部痛やおりものの臭いがきつくなります。

分娩時に赤ちゃんに移してしまうこともあり、赤ちゃんが肺炎や髄膜炎を引き起こしてしまう原因にもなるので、早めに治療が必要です。

・細菌性膣炎の治療法

細菌性腟炎を発症すると、膣洗浄を受けて抗生物質が含まれた膣剤などが使われることがあります。

病院によっては診察時に膣錠を入れてくれる場合もあります。

症状によってはかゆみ止めが入った軟膏やクリームを使うことがあります。

細菌性膣炎は自然に治ることもありますが、放っておくと日常生活に支障をきたします。

だからといって自分で膣洗浄を何度もやってしまうと、大切な常在菌を減らしてしまうこともありますし、薬の影響で再発率が高くなってしまうことや細菌を増殖させてしまう恐れがあるため、膣洗浄や薬などは診察を受けて医師の指示で行ってくださいね。

・細菌性膣炎の早期発見

細菌性膣炎は早期に発見して治療を行えば、早産のリスクも低くなるので気になる症状があれば産婦人科で診てもらいましょうね。

性病と勘違いしてピンポン感染を疑うかもしれませんが、細菌性膣炎は女性だけが発症するものです。

パパが検査を受けたりする必要はないものなので、安心してください。

おりものは体調や病気のバロメーターですから、いつもと違う時は迷わず受診するようにしましょうね。

Smalltalk unter Schwangeren / Schwangerschaft

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。