不妊症のセルフチェックをしよう!妊娠しない原因や不妊の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



couples

赤ちゃんが欲しいと思っていても、妊娠できずに悩んでいる夫婦はたくさんいます。

昔は不妊は女性側の問題とされていましたが、今は男性側にある場合や両方が原因を有している場合もあります。

日本では妊娠や出産が高齢化しているため、不妊症で悩む夫婦はこれから増々増えるのではないかと言われています。

不妊症で悩む夫婦が多いものの、自分が不妊症かもしれないという事実と向き合えず治療が遅れてしまうと治療が長期化してしまうこともあります。

不妊症に気づくためのセルフチェックをして、不妊の原因を特定し治療を開始するようにしましょう。

今回はセルフチェックの方法や、不妊の原因について紹介します。

・不妊の定義

日本産婦人科学会では、不妊症を「避妊せず性生活を行っているのに、1年間妊娠しないこと」と定義しています。

2015年8月以前は2年間妊娠しなければ不妊症であるとしていましたが、日本の女性の晩婚化やキャリア形成指向、その他の理由により女性の妊娠する年齢が上昇しているため、不妊症の定義を変更することで、女性が早期に適切な不妊治療を受けることを期待して2年から1年へ変更になりました。

医学的にではなく、社会情勢を反映しての変更があったのです。

しかし不妊症の定義は意外とアバウトで、「通常の性交を継続的に行っている」という風になっています。

週1回の性行為で1年間妊娠しないのと、週3回の性行為で1年間に妊娠しないとでは違うと思いますが、具体的な頻度は示されていません。

また、不妊症はある特定の病気を示すのではなく、不妊症の具体的な理由や病気は人それぞれなのです。

不妊症とは、「妊娠しないのはなぜだろう」と考えたり、病院を受診するための目安だと捉えると良いかもしれません。

・不妊症の原因

不妊症の原因は男女どちらかにある場合と、両方が原因を有している場合があります。

女性なら、卵管や排卵障がい、ホルモン異常、婦人科計疾患などが原因となります。

男性なら、精子の異常や精子を作る機能の障がいなどがあります。

不妊治療を進める時は、女性だけが努力しても報われないということもあるので、男性側に原因がないかも調べてみると良いですね。

・不妊症のセルフチェック

女性編

機能性

  • 重度の冷え性である
  • 過度なストレスを感じている
  • ダイエットによって月経が止まったことがある
  • BMI指数が25.0以上もしくは18.5以下 (BMI =体重(kg)÷身長(m)÷2)
  • 糖尿病、肝臓、腎臓、内分泌などの慢性疾患がある、または既往歴がある
  • 健康診断でいつも貧血、低血圧やその他の異常を指摘される
  • タバコを吸う
  • 好き嫌いが多く、加工食品やファーストフード、ジャンクフードを食べる機会が多い
  • 抗生剤を頻繁に使用している
  • 便秘と下痢を繰り返しており、腸内環境が良くない
  • 普段から下剤を常用している

器質的

  • 性感染症にかかったことがある
  • 性交する際に痛みがある
  • 子宮内膜症、子宮筋腫など、子宮の病気にかかったことがある

機能・器質

  • 妊活を始めて1年以上たっているのに妊娠しない
  • 年齢が35歳以上である
  • 月経周期が24日以下、または40日以上である(月経周期は、月経が始まってから次の月経が始まる前日までの期間)
  • 月経痛がひどい
  • 月経血の量が多いまたは、少ない
  • 基礎体温をはかっても二相にならない

チェック項目に1つでもチェックがついた場合、不妊になる可能性がある不妊予備軍です。

5点以下であればまだ心配はいらないかもしれませんが予備軍であるため注意が必要ですし、特に35歳以上の方は普段の日常生活から見直しましょう。

6点以上の場合は不妊症である可能性が高いです。

また、「器質」の項目に1つでもチェックが付く場合は、病院で不妊検査をおすすめします。

男性編

  • タバコを吸う
  • 好き嫌いが多く、加工食品やファーストフード、ジャンクフードを食べる機会が多い
  • 過度なストレスを感じている
  • 疲れがなかなか取れない
  • *精巣が小さい、または左右大きさが違う
  • 性病にかかったことがある
  • 性交する際に射精ができないまたは量が少ない
  • 脱腸手術をしたことがある
  • 陰嚢や睾丸、精巣などが腫れたことがある
  • 思春期以降に高熱を伴う病気にかかったことがある
  • 膝の上でよくノートPCを使用する
  • 妊活を始めて1年以上経っているが、子どもを授からない
  • 性欲がない
  • 性交する際に勃起しない

5点以下は不妊予備軍であり、1つでもチェックがついた場合は普段の生活から健康な体作りをしましょう。

6点以上は不妊症の可能性があり注意が必要です。

また、*以下の項目以降に1つでもチェックが付いている場合は、泌尿器科(男性)の受診をおすすめします。

参考:不妊治療のおすすめ病院

・不妊症は早めの治療が大切

不妊症の可能性がある場合、「まだ大丈夫」と思っているといつの間にか月日が経ち、妊娠できる年齢がわずかしかない状態になりかねません。

不妊症の原因が特定されれば、それに合わせた不妊治療の手段が取られ、年齢が若い程不妊治療の成功率が高くなります。

原因を特定するにも時間がかかるので、早めの検査が不可欠です。

不妊の定義が1年短縮されたことで妊娠を真剣に考える時期が早まり良いことだと思います。

子どもがほしいと思ったら、なるべく早く不妊治療専門の婦人科で検査を受けましょうね。

couples / best couples

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。