子宮底長が短い時の影響とは?平均値や測り方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Department of Obstetrics and Gynecology.

妊婦検診でよく聞く言葉の1つに「子宮底長(しきゅうていちょう)」というものがあると思います。

しかし子宮底長はどこのことを示しているのかご存知でしょうか。

子宮底長を計ることで赤ちゃんの発育状態や羊水の量を計ることができたり、妊婦さんが太り過ぎていないかを確認することができるのです。

今回は子宮底長の平均の長さを紹介します。

・子宮底長とは

子宮底長とは、仰向けに寝た状態で「恥骨の上から子宮の1番上までの長さ」を測定した、妊娠中の子宮の膨らみを示す数値です。

妊娠中期以降になると妊婦検診で計測されますが、超音波検査を行うと省略できるクリニックもあるので、毎回行う病院と、出産までに数回しか計測しない病院があります。

子宮底長を測定すると、胎児の発育状況や羊水の量を推測することができ、妊娠が順調に進んでいるかをある程度判断することができます。

・子宮底長の測り方

子宮底長の計測方法は、膝を伸ばした状態で測る方法と、膝を曲げた状態で測る方法があります。

診察台に仰向けに寝て、恥骨の上からお腹の膨らみの上までメジャーで測ります。

子宮の最上部に触れることができ、子宮の膨らみを計測することができます。

メジャーを使うので多少の誤差が生じますので、目安としてとらえてるくらいで大丈夫です。

・子宮底長の平均値とは?

子宮底長は妊娠週数に合わせて平均の長さが設定されています。

  • 妊娠12週から妊娠19週目未満:妊娠月数×3㎝
  • 妊娠20週目以降:妊娠月数×3㎝+3㎝

妊娠5ヶ月(妊娠18週)の場合、

5ヶ月×3㎝=15㎝なので、子宮底長の目安は15㎝となります。

妊娠8ヶ月(妊娠29週)の場合、

8ヶ月×3㎝+3㎝=27㎝なので、子宮底長の目安は27㎝です。

この計算式を元にして計算すると、妊娠週数別のおおよその子宮底長の平均値は以下の通りです。

  • 妊娠16週から19週:10㎝から15㎝
  • 妊娠20週から23週:15㎝から20㎝
  • 妊娠24週から27週:20㎝から24㎝
  • 妊娠28週から31週:24㎝から28㎝
  • 妊娠32週から35週:28㎝から32㎝
  • 妊娠36週から39週:32㎝から34㎝

臨月に入って出産が近づくと、子宮が柔らかくなり赤ちゃんが下に降りてくるので、子宮底長は短くなるケースもあります。

・子宮底長が影響すること

妊婦検診で子宮底長が短いと診断された場合は、羊水が少なすぎるかお腹の赤ちゃんが小さいことが考えられます。

赤ちゃんの発育がうまくいっていない可能性がありますが、あくまでも目安にすぎません。

超音波検査で発育状況や羊水の量、赤ちゃんの大きさを詳しく調べられるので、子宮底長が短くても超音波検査で異常がなければ心配する必要はありません。

子宮底長が長い場合は、赤ちゃんが巨大児である場合や、前置胎盤、羊水過多の可能性があります。

この場合も超音波検査によって検査し、異常が見つからなければ問題ありません。

・子宮底長はあくまでも目安

子宮底長は妊娠中期以降の健診で行われる検査ですが、産まれてくる赤ちゃんの状態を判断するために測るものです。

あくまでも目安にすぎず、「長い」「短い」と診断されても異常があると確定されたのではありません。

平均値とかけ離れた数字が出た場合、早く異常に気づくきっかけになる数値です。

子宮底長はその他の検査数値と合わせて判断されるので、医師から問題ないと言われていれば気にしすぎないようにしましょうね。

Department of Obstetrics and Gynecology. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。