排卵障害でも妊娠はできる?必要なのは治療と生活習慣の改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Imeinu Doulas Open House 6/3/12 #doula #jewish #birth #doulaparty

本来月に 1度あるはずの排卵が、何らかの原因でうまくいかない状態を排卵障害といいます。

実は約3割の女性は、排卵障害が原因で不妊症になっているのです。

ただ、排卵障害といっても原因によって種類がさまざまで、改善方法も異なります。

今回は排卵障害と、その後の妊娠について紹介します。

・排卵障害とは

女性の体では、脳下垂体からホルモンが分泌されることによって、月に1度卵胞が大きくなり成熟して、卵膜を破った卵子が卵巣の外に飛び出して排卵が行われています。

しかし、ホルモンや卵胞、卵巣などさまざまな原因によって排卵が起こらなくなる無排卵や、卵胞が育たない、うまく排卵できない状態を排卵障害といいます。

妊娠するには排卵が起こり、卵子と精子が受精しなければなりません。

妊娠を望んでいても、排卵障害がある場合は妊娠につながらないので治療が必要です。

・排卵障害の原因

排卵障害の原因は、まだはっきりとわかっていません。

ただ、ホルモンの分泌異常や、卵巣機能の低下、ストレスが原因でないかと言われています。

排卵障害は月経不順の女性に多いことはわかっており、排卵が起こらない原因には甲状腺などの女性ホルモンを出す器官にトラブルを抱えていたり、極度の肥満や体重減少、男性ホルモンが増えすぎてしまうバランス異常なども考えられます。

・排卵障害の症状

卵胞刺激ホルモンの分泌低下

排卵は卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンの働きによって、卵胞が成長して成熟することによって起こります。

しかし、これらのホルモンバランスが崩れたり、十分に分泌されていないと卵胞が育たず、排卵が起こらない無排卵状態となってしまいます。

多嚢胞性卵巣症候群

小さな卵胞が卵巣の表面にいくつもできてしまい、それらがうまく育たず成熟まで至ることができないため、排卵ができない病気です。

男性ホルモンの分泌過多によって卵巣の表面が硬くなり、卵子が卵巣の外に出ることができず無排卵の状態になってしまいます。

高プロラクチン血症

出産後に母乳の分泌を促すホルモンをプロラクチンといいますが、妊娠出産とは関係なくプロラクチンが過剰に分泌されてしまうことで、高プロラクチン血症になります。

生理が止まってしまったり排卵がなくなってしまいます。

黄体化非破裂卵胞症候群

排卵していないにもかかわらず、卵の中に黄体ができてそのまま黄体ホルモンと化してしまう症状です。

一時的な症状である場合もありますが、繰り返すこともあり、その場合は子宮内膜症を疑い検査が必要になります。

黄体化未破裂卵胞症状ともいいます。

卵巣機能不全

精神的にストレスがかかると女性ホルモンのバランスが崩れ、卵巣の機能が低下してしまいます。

月経周期が乱れ、排卵障害を起こすことがあります。

早期閉経

閉経する時期は一般的に50歳くらいですが、40歳より前に生理が止まってしまう症状を早期閉経といいます。

原子卵胞の減少、放射線や化学療法によるガンの治療が原因となることが多いようです。

肥満

肥満になると内臓脂肪が増え、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

これが原因で排卵障害が起こることがあります。

急激な体重減少

無理なダイエットや極度のストレスで体重が極端に減ると、生理不順が起きやすくなり、放っておくと排卵が起こらなくなります。

・排卵障害の治療法

多嚢胞性卵巣症候群などでは、クロミフェンやシクロフェニルといった排卵誘発剤を使用し排卵を促しますが、それでも排卵が起きなければhMG-hcg注射が使用されることもあります。

高プロラクチン血症の場合は、原因が腫瘍などとわかっていればその治療を行い、抗鬱剤などでホルモンバランスが乱れている時は薬を控え、原因がわかっていない時はプロラクチンを抑えるプロモクリプチンを使用することもあります。

体重が原因の場合は、生活習慣を見直し食事制限や運動などで体重をコントロールします。

しかし、食事制限などがストレスになり体調を崩すことがあるので、栄養バランスを考えた食事を摂ることが大切です。

その他に、ホルモンバランスの改善や自律神経の乱れの解消、血流や気の流れを改善する不妊に効く漢方もあるので、治療の一環で医師に相談してみても良いと思います。

・排卵障害でも妊娠はできる?

結果からいうと、排卵障害があっても妊娠することはできます。

卵子の質に関係なく、排卵が起これば妊娠する可能性はあるのです。

最初は排卵誘発剤などを使用して排卵を促し、そのタイミングで性交して妊娠の確率を高めます。

しかし、排卵障害がない健康なカップルでも、妊娠できる確率は20%から25%と言われているので、すぐに妊娠できるかどうかはわかりません。

タイミングをとって妊娠することが難しい場合は、人工授精や体外受精、顕微授精などの方法もあります。

どの方法をするにせよ、不妊治療には費用がかかりパートナーの理解が必要です。

焦らずに、十分に話し合って治療を続けていきましょうね。

Imeinu Doulas Open House 6/3/12 #doula #jewish #birth #doulaparty / greendoula

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。