妊娠5ヶ月の腹痛はこわい?流産の心配はいつまであるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Via! Via! Bastardi!

妊娠5ヶ月になると安定期に突入し、つわりがおさまり体調が良くなるので落ち着いた生活が送れるようになります。

赤ちゃんがある程度成長してくるので胎動を感じ始めたり、食欲が増すなどママの体にもさまざまな変化が見られます。

安定期に入ると流産の確率はだいぶ減りますが、まだまだ油断はできません。

今回は妊娠5ヶ月の注意点や体の変化について紹介します。

・妊娠5ヶ月の妊婦

妊娠5ヶ月は、妊娠16週から妊娠19週の4週間を指します。

胎盤が完成するのでつわりが治まったり、体調がよく食欲も増してくることでしょう。

体重増加は1週間で300gから500gが目安です。

体重が増えすぎると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高まりますので、つわりが治まっても食べ過ぎには注意しましょう。

胎盤を通して赤ちゃんは栄養を吸収しどんどん成長していくため、妊婦らしいふっくらした体つきになってきます。

赤ちゃんにおっぱいをあげるための乳腺が発達し、バストサイズもアップしてきますよ。

早い人は胎動を感じられるようになり、赤ちゃんが元気に育っていることを実感できるようにもなります。

・妊娠5ヶ月の注意点

子宮の大きさが大人の頭くらいまで大きくなるので、胃が圧迫されて胃がもたれる感じがしたり、動機や息切れを感じます。

そんな時は無理せずに、大きく深呼吸して休みましょう。

おりものが増える時期ではありますが、基本的に気にしなくて大丈夫です。

異臭や着色がみられた場合は、細菌性腟炎などの可能性もあるので受診しましょう。

子宮が大きくなることでチクチクとした腹痛を感じたり、お腹の張りによる痛み、便秘による痛みを感じるかもしれません。

妊娠5ヶ月に起こる腹痛は、妊娠経過が順調なために起こる痛みなのでほとんどの場合は問題ありません。

しかし、お腹全体に痛みが広がったり、規則的な間隔で起こる痛み、断続的に続く痛みは切迫流産などの危険性があります。

胎動が弱くなったり、出血を伴う場合はすぐに受診しましょう。

安定期に入れば流産の心配は減りますが、その可能性はゼロではありません。

無理せず、疲れたときやお腹の張りがあった時は1度休み、様子をみるようにしましょうね。

・戌の日のお祝いをしよう

妊娠5ヶ月目には、安産を祈る風習があります。

妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りしましょう。

神社によっては事前予約が必要だったり、腹帯を別途購入しなければならないところもありますので確認しましょうね。

・妊娠5ヶ月でも無理はしないこと!

安定期に入って体を動かしやすい時期なので、運動ができたり旅行が楽しめる時期です。

歯医者に行ったり、里帰り先の病院を探したりするのも妊娠5ヶ月頃がおすすめです。

しかし流産の心配はまだまだありますし、切迫流産だけではなく常位胎盤早期剥離などのリスクもあります。

妊娠5ヶ月の流産は喫煙や、体を動かし過ぎないこと、お腹をぶつけないことなど日々の生活の心がけで予防できます。

出血などの異変を感じたらすぐに病院へ連絡しましょう。

体を動かしやすい時期ではありますが、決して無理をしないようにしましょうね。

Via! Via! Bastardi! / .:. brainsik

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。