胎児発育不全の原因!出生後の赤ちゃんはどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



妊娠中はトラブルが付き物と言われていますが、母体側のトラブルだけではなく胎児側にトラブルが起きることもあります。胎児にトラブルが起きると、ママは気が気ではないはずです。

トラブルの1つに胎児発育不全という異常があります。胎児全体の数パーセントしか起こらないトラブルですが、胎児の成長が止まってしまう可能性があるトラブルなのです。

今回は胎児発育不全の原因や症状についてご紹介します。

・胎児発育不全とは

言葉からわかるように、子宮内の胎児の発育が遅れている状態、もしくは発育じたい止まってしまっている状態を胎児発育不全といいます。この場合は妊娠週数から想定される胎児の大きさが、標準より小さいということです。

胎児発育不全が起きるのは、全妊婦の約8%から10%と言われています。少ない数字ではありますが、胎児がそういう状況であると宣告されたママもいるのです。

胎児発育不全の症状というのは特になく、妊娠中の健診で超音波検査を行い胎児の推定体重を算出されると思いますが、この時標準値と比較して小さい場合は、胎児発育不全と宣告されるかもしれません。しかしながら、超音波だけでは判断できませんので、羊水の量や胎児の腹囲、胎盤、臍帯など総合的な判断の元、診断がくだされます。

中には赤ちゃんが小さいけれど元気な場合もあります。超音波検査や染色体検査で異常が見つからなければ、小さめだけれど元気な赤ちゃんだと診断を受けることもあるので、まずは細かい検査をして結果を待つようにしましょう。

・胎児発育不全の原因

胎児発育不全の原因はいくつかあります。

染色体にそもそも異常があった場合や先天性の異常を持っている場合、子宮内感染が起きたなど、胎児側の原因が10%から30%を占めます。このように胎児側に原因があれば、妊娠初期に胎児の体の細胞が増えて臓器が形成される時に、胎児発育不全ではない胎児と比べて小さく体が形成されてしまいます。

もう1つは、胎児の栄養源でもある胎盤に原因がある場合です。胎児は胎盤を通してママから栄養をもらい大きく成長していきますが、胎盤に障がいがあるとうまく栄養が運ばれず発育不全を起こしてしまいます。胎盤梗塞や前置胎盤、臍帯付着異常といったことが原因です。胎盤に原因がある場合は妊娠中期以降に胎児発育不全を発症します。

3つ目の原因は母体側にあります。ママが喫煙していたり、妊娠高血圧症候群になってしまった場合だけでなく、多胎妊娠が原因のこともあります。こういった母体側に何かしらの原因があると、胎児へ栄養が届かずに発症してしまいます。母体側の原因も妊娠中期以降に発症します。

3つの原因をご紹介しましたが、どれか1つが原因のこともあれば、複数の原因が重なって胎児発育不全を引き起こすこともあるのです。胎児側の問題や胎盤の障がいだった場合はママ自身どうすることもできませんが、母体側の原因であれば防ぐことができることも多いはずです。妊娠中に規則正しい生活をしなければならないのは、このようなトラブルを少しでも避けるためなのです。

・胎児発育不全で産まれる赤ちゃん

胎児側の問題で胎児発育不全を発症すると、全体的に小さな体で生まれてくるケースがあります。これは、体幹や手足の発育も同じように抑制されているためバランスの取れた体型となるためです。ただし重症の場合は、胎内にいる間もしくは生まれてすぐに亡くなってしまう恐れもあります。

一方で、胎盤の障がいや母体側に原因があると胎児の死亡リスクは少なくなります。しかし体の1部の発育が抑制されるため、頭は大きく体は小さいといった状態で生まれてくるケースがほとんどです。

また、生まれてきた後に障がいが残るかどうかですが、原因や重症度にもよります。正常に発育した胎児と比較すると、神経障がいが残る確率が2倍以上と言われています。

しかし、原因が母体側にありそれを取り除くことでその後の発育が順調に行く場合もあります。胎児発育不全が軽症で治まれば、生まれた後に多くの赤ちゃんは発育が正常に追いついていくことも期待できます。

分娩に関しても軽症であれば普通分娩ができますが、重症の場合は胎児が陣痛のストレスに耐えられない可能性も考慮し、誘発分娩や帝王切開が選択されることもあります。

・さいごに

胎児発育不全は高齢出産やハイリスク出産の場合、確率が上がると言われています。それは、高齢出産やハイリスク出産は妊娠高血圧症候群や合併症を引き起こす可能性が高いからです。

赤ちゃんにしっかりと栄養を届けるためにも、絶対に喫煙は止めましょう。また、冷えや睡眠不足、ストレス等もよくありませんので、規則正しい生活を心がけましょうね。

胎児や胎盤に原因があればどうしようもありませんが、ママが赤ちゃんのためにしてあげられることはたくさんあります。健康的なマタニティライフを送り、元気な赤ちゃんが生まれてくることを祈りましょうね。

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。