妊娠中に発熱!お腹の赤ちゃんへの影響や予防策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Fuente: COM SALUD

妊娠中に風邪を引くと赤ちゃんにも影響があるのではと心配になると思います。

風邪を引かないようにマスクをしたり、手洗いうがい、人混みを避けるなどの予防や、バランスの取れた食事や規則正しい生活など普段から気を付けることでしょう。

もし風邪を引いてしまったらいつも以上に慎重になりますし、病院に行くべきか、薬はどうしたら良いかなど悩むことと思います。

今回は妊娠中に風邪を引いた時の影響や治し方について紹介します。

・風邪を引いた時の赤ちゃんへの影響

高熱

37℃前後の微熱であれば2日から3日休むことで治ると思います。

高熱を出した場合、母体の体温が上がるのと一緒に羊水の温度が上がり赤ちゃんの心拍数が増えます。

また、高熱で体力が消耗されれば妊娠後期がは子宮収縮が起こり切迫早産が起こり得る可能性があります。

できるだけ早く解熱の処置を取った方が良いですが、40℃以上の熱が3日以上続くような高熱が継続する場合を除いては、赤ちゃんに影響はありません。

咳自体が赤ちゃんに影響を与える訳ではありませんが、咳をすることでお腹が圧迫されます。

ひどい咳が続くとお腹が張ったり早産の危険が高まりますので、お医者さんと相談して咳をできるだけ早く止めましょう。

ただし妊娠中に飲める咳止めの薬は少ないので、予防をしっかりすると良いですね。

下痢

少しお腹が緩くなる程度であれば、赤ちゃんには影響ありません。

しかし1日に何度も水のような下痢が続く時は腸の動きが子宮を収縮させるので、お腹が張ったり早産の危険が高まります。

・風邪の治し方

妊娠中は慎重になっているため、病院へ行くと他の患者さんから菌をもらってしまうのではないか、移してしまうのではないかと受診をためらうことが多いようです。

もし熱や、咳、鼻水など風邪の症状が軽い場合はしっかり栄養を摂って休息すれば大丈夫です。

症状が2日から3日以上続く場合や38℃以上の高熱、皮膚や口など発疹ができた場合は病院を受診してください。

受診する病院は内科か産婦人科か迷ってしまうと思いますが、1番のおすすめは「産婦人科がある病院の内科」です。

総合病院などがこれにあたりカルテを共有してもらえるので安心ですね。

総合病院の産婦人科に行っていなければ内科か産婦人科を受診すると思いますが、一度担当のお医者さんに指示をもらうと良いと思います。

近くの内科を進められることもありますが、受診前に妊娠週数を伝え受診が可能か電話で確認し、妊娠中であることを診察前に伝えましょう。

風邪の症状に伴ってお腹の張りなどの気になる症状がある場合は産婦人科に来るように指示を受けると思います。

風邪を移すと大変ですから、受診前に電話で受診して大丈夫か確認したり、受診する際の注意点を確認しておきましょう。

マスクをしっかり着用して、症状がひどい時は受付でどこで待てばよいか確認すると良いと思います。

妊娠中はどこの病院へ行くかも迷いますが、薬も慎重になりますので、悪化しないことを最優先に早めの行動を心がけると良いですね。

・妊娠中に飲める抗生物質

抗生物質を飲むと胎盤を通して赤ちゃんに影響がありますので、飲まないに越したことはありません。

注意したい抗生物質は、聴覚障がいに関係する「アミノグリコシド系」や、骨格障がいの恐れがある「キノロン系」、肝障がいなどが出やすくなる「テトラサイクリン系」です。

しかし、「ペニシリン系」「セフェム系」「マクロライド系」は比較的安全で、赤ちゃんへの影響がないと言われる抗生物質もあります。

産婦人科で処方された抗生物質に関しては安心して飲んで大丈夫ですし、他の科で処方されて心配でしたら産婦人科の先生に確認してみると良いですね。

妊娠16週までは赤ちゃんの体の器官が形成されるとても大切な時期ですので抗生物質を飲むのは避けましょう。

安定期に入って抗生物質飲むことも全く安全とは言い切れませんので、むやみに飲むことは止めましょうね。

・食事

人は免疫を持っていて細菌やウイルスから体を守り風邪を引かないよう闘ってくれますが、妊娠中は体を守ることができず、風邪を引きやすいのです。

免疫が低いのは赤ちゃんを守る生理現象なので仕方がないのですが、風邪を引いてしまったらできるだけ早く治したいので、免疫が低い体を守るために食事は気をつけたいものです。

ビタミンCは体の免疫を上げたり風邪で傷ついた喉などの修復にも効果がありますので、ビタミンCを食事に摂り入れましょう。

その他には、ネギ、にんにく、しょうが、緑黄色野菜、豚肉、卵がおすすめです。

体の免疫を上げて、早く風邪を治せるようにしましょう。

・予防をしっかりと

妊娠中はできるだけ風邪を引かないことが1番です。

うがい手洗いは基本ですが、食事と睡眠を十分にとり、人混みを避けたりマスクをして移らないようにしましょう。

乾燥しているとウイルスが繁殖しやすいので加湿も十分に行うと良いです。

もし家族の誰かが風邪を引いてしまったら家の中でもマスクを着用し、パパや実家に兄弟を預けたり部屋を隔離するなどの工夫が必要です。

風邪を引いてる人に接触したらすぐに手洗いうがいを心がけ、嘔吐物の処理を行う時は手袋を着用するようにしましょね。


Fuente: COM SALUD / COMSALUD

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。