吐き気が治まらない!妊娠悪阻の症状と治療方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Hello 2009

妊娠がわかり胃の不快感や吐き気を伴うつわりが始まる妊婦さんは、およそ5割から9割いるようです。

中にはつわりがなく妊娠生活を終える妊婦さんも半分くらいはいるようですね。

一般的に妊娠4週目(2ヶ月に入った頃)から10周目(3ヶ月)に始まり、17週から18週(5ヶ月)につわりが終わります。

つわりの主な症状としては胃の不快感や吐き気、頭が重い、体がだるい、眠気、唾液の増量です。

臭いに敏感になったり、偏食気味になることもありますし、「食べづわり」と言って何か食べていないと落ち着かず吐き気をもよおすのも、つわりの一種と言われています。

早々とつわりから解放される妊婦さんもいれば、赤ちゃんが産まれるまでずっと続いていたと言う人もいますし、つわりの辛さは人によって受け取り方がさまざまです。

今回はつわりが重症化した妊娠悪阻という病気について紹介していきます。

・「つわりが重い」とはどういう状態?

妊娠初期の大切な時期に特定の物しか食べられなかったり、体重が落ち心配になるママもいるのではないでしょうか。

つわりが重すぎなければ、体を休めつつ水分をしっかり摂って、食べられるものだけ食べるのは問題ないとお医者さんは言います。

自分のつわりが重症なのか判断するのは難しいかと思いますので、以下のチェックポイントに1つでも当てはまれば重症と判断してすぐにお医者さんに行きましょう。

1.空腹満腹に関係なく、朝から晩まで吐き続ける

2.数日の間に体重が4㎏から5kg減った

3.水分すら受け付けない

4.尿が出ない、又は少ない

5.起き上がっているとフラフラし、めまいや頭痛が起き日常生活が送れない

これらに当てはまると妊娠悪阻といい、病気の一種です。

・妊娠悪阻の症状

妊婦さんの約1割が妊娠悪阻を発症し、その症状が3つの段階に分けられ治療や入院が必要となります。

<第1期>嘔吐期

空腹、満腹に関係なく吐き気が起きますが、吐くものは胃液や血が混ざったものです。

食べ物を全く受け付けなくなり体重が減り始め、吐く事によって脱水症状起こし口の渇きや、だるさ、めまい、便秘が起こりやすくなります。

尿の量が減るため、肝臓の機能が弱まり尿の中にタンパク質が出ます。

<第2期>肝臓障害期

第1期の症状がさらに悪化する状態で、体重の減少が進み栄養が足りいため体が衰弱してきます。

脈拍が頻数微弱で血圧が低くなり、尿の中にケトン体やタンパク質が出て代謝に異変がみられます。

ひどくなると入院が必要になります。

<第3期>脳障害期

幻覚や視力障害、幻聴などの症状が現れ始めます。

出血性網膜炎が現れたら母体保護のために中絶手術を行わなければならなくなり、体温が低下することで赤ちゃんも大変危険な状態になります。

・妊娠悪阻の治療方法

妊娠悪阻と診断されたら、2種類の治療方法があります。

1つ目は点滴治療で、ブドウ糖やアミノ酸、ビタミン等を点滴し水分や栄養を点滴で補うことによって吐き気が治まり楽になります。

必要に応じて点滴の中に鎮静剤や鎮吐剤、肝庇護剤などが入り、肝臓の機能を高めます。

2つ目は、吐き気を抑えるために漢方薬を飲む治療法です。

効き目は個人差がありますが吐き気や胃のむかつきが減少する人もいるようです。

この他、嘔吐が激しい人には点滴によって必要な栄養を取り入れながら絶食療法をします。

脱水や嘔吐の症状が落ち着いてくると、少しずつ食事を増やしていく治療方法です。

つわりは一般的に病気ではないとされていますが、悪化し妊娠悪阻になると病気として扱われますので保険が適用されます。

つわりがひどい場合は、大丈夫だと自分で決めつけず一度病院に足を運びましょう。

その際は症状をあいまいにせず、食事の量や水分摂取の量、トイレの回数、体重の減少量を的確に伝えましょう。

この時家族の仕事状況もお医者さんに伝えることで今後の治療や対応方法も検討してくれると思います。

・入院になることも…

妊娠悪阻が重症化すると入院が必要になります。

入院と聞くと深刻に考えがちですが、環境の変化でつわりが落ち着く場合もありますし、先程の治療方法を行いほとんどの場合は1週間程度で退院できるでしょう。

つわりと上手に付き合っていくためには、ストレスをためこまないことです。

つわりがひどい妊婦さんの多くはストレスをうまく消化しきれず、心にある蓄積物を吐くという行為で外に排出しようとしてると言われています。

ストレスをためると羊水の温度が低くなり、赤ちゃんにとっても良い環境ではないですね。

多くの妊婦さんがつわりを経験しますが、つわりが起きたときには焦らずに食べたいものを食べたい時に食べるとようにし、体の要求に答えてあげましょう。

つわりがひどいときに家事も完璧にしなければ!と無理をしてしまうと、それがストレスにつながり症状が悪化してしまいます。

パパと協力しながら家事をしたりマッサージをお願いしたり、夫婦で力を合わせてつわりを乗り切りましょうね。


Hello 2009 / Evil Erin

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す