赤ちゃんを包む羊水が少ない?羊水過少症の原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Everything is gonna be alright

妊娠中に起きるトラブルの1つに「羊水過少症」というのがあります。

ただでさえ不安な妊娠中ですが、妊婦健診で発見されその不安が大きくなりますね。

羊水の量が増える羊水過多症より珍しい、羊水過少症とはどんな病気なのでしょうか。

今回は羊水過少症とはどんな病気なのか、原因と症状について紹介します。

・羊水過少症とは

胎児を包み保護している羊水ですが、何らからの原因により極端に羊水が少なくなることを羊水過少症と言います。

胎児は、羊水を飲みそれを尿として排泄して生命を維持しています。

普通は飲む量と排泄する量のバランスが取れているのですが、稀に羊水が減ってしまいます。

妊娠後期には通常500mlから700mlある羊水ですが、一般的に羊水の量が100ml以下になった時「羊水過少症」と診断されます。

羊水が少ない状態が続くと胎児の命が危険にさらされることや、肺の形成がうまくいかず肺低形成という病気を発症し生後まもなく亡くなってしまうこともあるので、正しい処置が必要です。

・羊水過少症になる原因

胎児は羊水を飲み、それを排泄することで生命を維持しています。

飲む量と排泄する量のバランスが整っていると問題はないのですが、赤ちゃんに何らかの原因があり飲んだ分が排泄せれずバランスが崩れてしまうと羊水が減っていくのです。

原因として考えられるのは、胎児の先天的な異常で腎臓や尿路に問題があり、尿を生産、排泄ができないことや、前期破水に気づかずに慢性的に羊水が子宮外へ流れ出てしまうことがあります。

その他、妊娠高血圧症候群などで胎盤機能が低下し子宮や胎盤の血流が悪くなり尿を生産できない、立ち仕事で臍帯血流が悪くなる、予定日超過があります。

・どんな症状が現れる?

羊水が少ないと、週数に対してお腹が小さかったりママの体重が増えません。

胎動がを感じないのに、お腹を触った時に赤ちゃんの手足が妙に分かりやすいなどがあります。

自分では判断がつきにくく難しいので、超音波検査で分かることが多いです。

心配な症状があった時は医師に相談してみましょうね。

Everything is gonna be alright / David Blackwell.

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。