高齢妊娠は心配?知っておきたい妊娠中のトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Post-birth bliss!

35歳以上で出産することを「高齢出産」と言います。

昔は高齢出産は特別なこととされていましたが、今は高齢出産が妊婦の約4分の1を占めています。

極普通のことになりつつある高齢出産ですが、やはりリスクが高まることも事実です。

ただし35歳になった途端にリスクが増えるのではないので、無事に出産するママは沢山います。

リスクを頭に入れておくことは必要ですが、あまりとらわれ過ぎないようにしたいですね。

今回は高齢出産に起こりがちなトラブルを紹介します。

・流産や早産になりやすい?

卵子は女性が胎児の時から卵巣内にあり、体と同じように加齢によって老化していきます。

年齢が高くなると妊娠できる確立が低くなり、流産する確立は上がっていきます。

全ての年齢を見てみると流産率は15%なのに対し、35歳では20%、40歳では約40%になるというデータがあります。

出血やおなかの痛みなど気になる症状があれば、すぐに受診して診てもらいましょう。

35歳以上は妊娠中のトラブルが増えるので、早産の可能性も高くなります。

健診でトラブルが起きていないかしっかりチェックしてもらいましょう。

・高齢妊娠に起きやすいトラブル

妊娠高血圧症候群

妊娠20週から産後12週までに高血圧、もしくは高血圧にたんぱく尿をともなう症状が出ます。

腎臓の機能が低下するので、体内に水分が溜まって上半身がむくむ場合があります。

元々高血圧や糖尿病、腎臓病などの持病があったり、多胎妊娠、肥満の場合妊娠高血圧症候群のリスクが高まります。

お腹の中の赤ちゃんの発育が悪くなり、早産などを起こしやすくなります。

妊娠糖尿病

妊娠してから初めて糖尿病になった場合に診断されます。

元々血糖値が高めだったり、糖尿病の家族がいたり、肥満の人はリスクが高まりますので注意が必要です。

赤ちゃんが大きくなりすぎたり、羊水が増えすぎたりして早産や難産になることもあります。

前置胎盤

胎盤が普通の位置より低い場所にできて、子宮口を覆っている状態です。

子宮内膜が傷ついたり、炎症を起こしたりするとなりやすいと言われていて、高齢妊娠で多いトラブルの1つです。

出産時まで治らないと帝王切開になります。

・お腹の赤ちゃんの状態

高齢妊娠だとダウン症候群など染色体異常が気になるママは多いのではないでしょうか。

加齢によって卵子が老化し、染色体異常の赤ちゃんが生まれる確立が若い頃に比べて高くなります。

とは言っても、40歳で出産したママからダウン症候群の赤ちゃんが生まれる可能性は1%ほどです。

流産にならず生まれてきた赤ちゃんのほとんどは異常ありません。

必ずしも、高齢妊娠=染色体異常の赤ちゃんが生まれるという訳ではありませんので、心配し過ぎないようにしましょう。


Post-birth bliss! / MabyCakes

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。