妊娠できる?ブライダルチェックを受ける目的は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



I have married

最近良く耳にするブライダルチェックですが、実際に受けている人はあまり多くないようですね。

ブライダルチェックは結婚してすぐに子どもが欲しい人や、近い将来結婚する人が健康診断を受け妊娠しやすい体どうかをチェックするものです。

晩婚化の影響で不妊に悩む人が増加してきたので、結婚前にチェックすることで安心したり、早期発見や治療ができるというメリットがあります。

今回はブライダルチェックについて紹介します。

・ブライダルチェックが重要視される理由

女性の晩婚化がすすみ、初産を迎える年齢が上昇してきています。

晩婚化によって気になるのが「不妊症」です。

不妊治療は長期的な治療を視野に入れ進めなくてはなりませんし、原因が同じでも年齢が高いほど治療にかかる時間が長くなる傾向にあります。

長く不妊治療することで夫婦で精神的に追いつめられることもありますし、不妊治療が実を結んでも第2子を諦めなければならない年齢になることもあるのです。

そこで注目されているのがブライダルチェックです。

結婚前にブライダルチェックをすることで、先を見据え治療がいち早く開始できることから重要視されているのです。

・ブライダルチェックでどんな検査をする?

最初の問診では、生理周期や生理痛、持病、流産や人工中絶の有無などについて医師に話します。

気になっていることがあれば問診でお話しすると良いですね。

次に内診をして膣や子宮口に異常がないか調べていきます。

子宮の形や卵巣に異常がないが、子宮頸がんや性感染症、おりもの検査が行われ、子宮外妊娠や流産の原因になることはないか確認します。

超音波検査では子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮頸がん、子宮体がん、子宮や膣の奇形をチェックし、流産や不妊の原因になるものはないかを調べます。

もし病気が発見されれば、妊娠前に治療しておきたいですね。

血液検査や尿検査では貧血検査や感染症、風疹抗体があるか、糖尿病の傾向はないかを調べます。

・金額はどれくらい?

ブライダルチェックは病院によって検査内容が違い、金額は2万円から4万円と開きがあります。

定期的にがん検診などをしてる場合は検査内容から外される分安くなります。

おりもの検査、超音波検査、風疹抗体検査はブライダルチェックで受けておいた方が良いですね。

・ブライダルチェックは受ける?

ブライダルチェックを受けることに関しては賛否両論で、受けて安心してから結婚したいという考えもあれば、何かあって結婚が破談になったら困るという考えもあります。

子どもを産める体質かどうかを知る良い機会だと思いますが、結婚前にあえて受けることに抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。

普段から定期的に婦人科に通院し定期検診を受けておくと、早期発見につながり治療が早く開始できることから、大事に至らないこともあります。

自分の体が健康であるか、1度調べて見ると良いかもしれないですね。

I have married / Takashi(aes256)

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。