予防が難しいって本当?3種類の前置胎盤と原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Mom and baby

妊娠中のトラブルとして、前置胎盤というものがあります。

妊娠すると胎盤ができ、赤ちゃんとママを繋ぐ大切な役割を果たしますが、それが通常の位置と異なる部分にできると帝王切開での出産になります。

そもそも前置胎盤とはどういう状態なのでしょうか。

今回は前置胎盤について紹介します。

・前置胎盤とは

精子と卵子が受精し受精卵ができると、普通は子宮の1番奥である子宮底部近くに着床します。

着床するとそこに胎盤が作られるのですが、胎盤の位置が通常より低く子宮口にかぶさって蓋をしてしまっている状態を前置胎盤と言います。

胎盤の位置は普通に比べて低いけれど、子宮口をふさいでいな状態を低置胎盤と言います。

赤ちゃんの出口である子宮口を胎盤がふさいでしまっているため、普通分娩ができず帝王切開での出産になります。

・前置胎盤の種類

全前置胎盤

完全に子宮口をふさいで閉まっている状態で、一番重症のタイプです。

2㎝以上ふさがっていると全前置胎盤と言います。

部分(一部)前置胎盤

子宮口が2㎝未満、胎盤でふさがれている状態です。

縁辺前置胎盤

子宮口に胎盤の端がかかっているタイプで、ほぼふさがれていない状態なので軽症です。

・前置胎盤になる原因

過去に妊娠や出産をすると着床するはずの子宮内膜が炎症を起こしていたり、固くなったり損傷している可能性があり、正常に着床する部位が減少することで子宮の下の方に着床してしまうことがあるため、初産婦より経産婦の方が確立は高くなります。

過去に帝王切開したり、人工中絶、子宮筋腫核手術などの経験があると子宮内膜の炎症や瘢痕が進み前置胎盤の可能性が高くなります。

多胎妊娠は胎盤の数が多いため胎盤が占める面積が増え、子宮の下の方に胎盤ができることがありますし、胎盤の形態異常も原因になります。

喫煙しているママが妊娠すると子宮の血流障害が生じて正常な着床ができないことが多く、非喫煙者の妊婦に比べて1.5倍の確立で前置胎盤になります。

高齢妊娠も統計的に前置胎盤の確立はあがりますし、前置胎盤を経験しているママも再度なってしまう確立があります。

これらの原因で子宮内膜が傷付くと前置胎盤が起こりやすいとされていますが原因とメカニズムはまだ解明されていないのが現状ですし、予防が難しいですね。

医師の指示に従って対処していけば恐ろしいものではありませんので、心を落ち着けて妊娠生活を送ってください。

Mom and baby / nelly!

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。