生後1ヶ月までで大丈夫?新生児に沐浴が必要な理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



baby 沐浴中

赤ちゃんが生まれ数日間は病院で過ごしていましたが、退院するといよいよパパとママと赤ちゃん3人の生活が始まります。

不安や心配の連続だと思いますが、その中でも沐浴は気の張る瞬間ではないでしょうか。

ふにゃふにゃで落としてしまったら壊れてしまうのではないかと思うほど、小さな体を支えるのは大変ですね。

今回は沐浴の必要性やいつまで続けるべきかを紹介します。

・沐浴の必要性

沐浴とは、新生児期の赤ちゃんをベビーバスに入れてお湯や水で体を綺麗にしてあげることです。

赤ちゃんの皮膚は大人と比べるとかなり薄いため、皮膚を清潔に保ち湿疹などの皮膚トラブルを防ぐことが目的です。

もし皮膚トラブルが起きてしまうと、肌のバリア機能が低下してアレルギーを引き起こしてしまう原因になりかねません。

パパやママと一緒に入る入浴とは区別する必要があるのです。

・いつまで沐浴に入る?

生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力がなく細菌に感染しやすいため、生後1ヶ月の間は沐浴に入れてあげましょう。

パパやママと一緒に入り始めるのは生後2ヶ月からの赤ちゃんもいれば、生後5ヶ月から6ヶ月まで沐浴することもあります。

赤ちゃんには成長の個人差がありますので、1ヶ月健診で医師に相談してみると良いですね。

そこで許可を得たら、1度パパやママと一緒に入ってみて嫌がらなければそのまま入浴に切り替えても良いと思います。

baby 沐浴中 / iandeth

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。