空腹のサインがあったら授乳しよう!0ヶ月の授乳ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



DSC_8147 Photo by Al van Akker

まだママのおっぱいを上手に飲むことができない生後0ヶ月。

1回に飲める量がごく少量なので、2時間から3時間以内の授乳が必要な時期です。

赤ちゃんを見ていると、おっぱいを吸うような口の動きをしたり、声を出しておっぱいを要求することがあります。

空腹のサインを見逃してお腹が空きすぎてしまうと、激しく泣きおっぱいを飲ませにくくなることがあるので注意が必要です。

今回は、生後0ヶ月の赤ちゃんにおっぱいを飲ませるポイントについて紹介します。

・生後0ヶ月の授乳のポイント

空腹のサインが出たら授乳する

赤ちゃんをこまめに観察し、激しく泣き始める前に飲ませるのがポイントです。

口をチュッチュと動かしたり、ぐずり始めたら授乳しましょう。

起きている時は2時間から3時間おきに授乳

1度にたくさん飲むことができないので、こまめな授乳が必要になります。

おっぱいが欲しい様子が見られたら授乳しましょう。

サインがなくても、2時間から3時間を目安にしてください。

夜中の授乳に備えて、赤ちゃんが眠ったタイミングでママも一緒に昼寝をすると良いですね。

家事は控えて、体を休めることを優先してください。

寝ている時は3時間から4時間おきに起こして授乳

夜も2時間から3時間以内を目安に飲ませて、眠っていても3時間から4時間以内に起こして飲ませましょう。

おむつ替えをしたり、口元や足の裏を触ると起きますよ。

夜中は添い乳で乗り切る

赤ちゃんがおっぱいを上手に飲めるようになり、ママが夜中に授乳するのがつらくなってきたら、添い寝をした状態で授乳する添い乳を試してみると良いと思います。

・0ヶ月のミルクの足し方

1日の授乳の回数は、8回から15回が目安です。

母乳分泌に関係するホルモンは夜中に多く分泌されるので、夕方や就寝前に出が悪くなる傾向があります。

ミルクを1日1回から2回足す場合は、夕方や就寝前が良いですね。

量は1回40mlから60mlにすると良いと思います。

DSC_8147 Photo by Al van Akker / Mothering Touch

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。