原因は空腹やおむつにあり!生後すぐに始まる不快泣きとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Sírás. Crying

赤ちゃんが泣きやまなくて、ママも泣きたいと途方にくれてしまった経験がありますよね。

赤ちゃんが泣くのには理由があることが多く、それを取り除いてあげることで落ち着くことが多いのですが、理由がなく泣き出すこともあるのでママも不安になることがあると思います。

今回は、泣く原因の1つである不快泣きについて紹介します。

・赤ちゃんが泣く理由

かわいい我が子でも、泣き声は心地良いものではありませんよね。

そもそも赤ちゃんの泣き声は、誰にとっても不快に感じるようにできています。

なぜなら赤ちゃんはお腹が空いたり、眠いなどの不快を自分で解消することができないので、泣くことによってこの状態をなんとかしてもらおうと訴える唯一の手段が、泣くことだからです。

泣き声は赤ちゃんの命綱であり、コミュニケーションなのです。

泣きやませるには不快の原因を推測して取り除いてあげることが1番ですが、原因がはっきりわからないこともあります。

また、なかなか泣きやまない気質の赤ちゃんもいます。

推測した不快を取り除いても、いつも泣き止むとは限らないのもママを困らせる要因ですね。

まだしゃべることができない赤ちゃんの「泣きのコミュニケーション」と気長に付き合ってあげてくださいね。

・不快が原因で泣く時の対処法

生まれてすぐから3ヶ月頃の赤ちゃんが泣く原因は、生理的に不快なことがある場合がほとんどです。

例えば、おむつが気持ち悪い、お腹が空いた、眠い、暑いなどです。

それ以外には、物音や急に抱っこされてびっくりしたなども不快と感じる赤ちゃんもいます。

対処法としては、不快を取り除くことです。

生まれてすぐは何を不快に感じているのか、原因を見つけるまで試行錯誤するかもしれません。

しかし、3ヶ月くらい経つとママが育児に慣れてきて、「そろそろお腹が空く時間」という感覚をつかめるようになり対処できるようになります。

最初の頃は、泣いたらおむつ、抱っこ、おっぱいの順に試すなど、原因を消去法で探ってみると良いですね。

抱っこであやす時は、スクワットをして視界を変化させてみたり、リズミカルな刺激を与えながら背中をトントンしてあげるのも効果があります。

慣れるまでは大変ですが、ずっと不快泣きが続くわけではありませんので、「今だけ」と思って赤ちゃんの泣きに付き合ってあげましょうね。

Sírás. Crying / Doepp Jakab

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。