お宮参りはいつ行くの?母子の体調を考慮した日程の決め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



お宮参り

赤ちゃんが誕生すると、その土地の産土紙に報告し新しい氏子の一員として神様の祝福を受けるという、お宮参りの風習がありますね。

また、赤ちゃんの健やかな成長を願う行事でもあり日本では大切にされてきた風習です。

しかしお正月のように毎年行われる行事ではなく、親になって初めて経験することなのでわからないことも多いはずです。

今回はお宮参りについて紹介します。

・いつ、どこへ行く?

子安・子育てで有名な神社に出向くママが多くなってきましたが、生後1カ月の赤ちゃんと回復途中のママの体調を考えると、遠出する必要は全くありません。

地元の氏神様にお参りするのが一般的です。

しかし必ずしも出生地や住んでいる地域の氏神様が奉っている神社でなければならないという決まりはなく、どの神社でも構わないのでママと赤ちゃんの体調を考えて決めましょう。

お参りの日は地域によって違いますが、男の子は生後30日目、女の子は生後31日目としている地域が多いです。

ママと赤ちゃんの体調を考えて生後30日前後で、天気の良い日に行うと良いでしょう。

また、猛暑や極寒の時期に無理する必要はないので家族でお参りの日を話し合ってみてくださいね。

・六曜は気にするべき?

体調を見て決めて良いとは言われても、神社へ行くわけですから「お日柄」は気にした方が良いのではないかと思いますよね。

六曜とは六曜星の略で、大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口のことを指しています。

確かなことはわかっていませんが、室町時代から鎌倉時代に中国から伝わったといわれています。

江戸時代になると庶民にも伝われるようになったのですが、明治時代には迷信であると禁止されました。

しかし必要だという声もあり、現在まで完全に廃止されずに残っているのです。

六曜は根拠のない迷信で無用な混乱を避ける理由から、公共機関で作成するカレンダーには使用せず、掲載を取りやめるよう行政指導を行っている機関もあるのです。

つまりお宮参りも六曜を気にせず、その土地の神様への報告し子ども成長を願うという目的さえ果たせれば良いのです。

天気が良く母子の体調がよければ良いので、あえて出生後の日数や六曜を気にしてまで日程を決めてしまうと行くタイミングがなくなってしまいます。

一緒に行く家族や両親と話し合い、赤ちゃんにとって1番のタイミングを選んであげましょう。

お宮参り / yoshimov

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。