新生児は夜中に寝てくれない?4つの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Owen newborn- 2

赤ちゃんが生まれ、幸せな家族の暮らしが始まってウキウキ、ワクワク。

それなのに、赤ちゃんがなかなか寝てくれない。

昼間はよく寝ていることもあるのに、夜中になると寝ない、何度も起きては泣いてしまうなど、悩みが膨らみ、疲れてしまって目にもクマができてしまった。

なんていうママがいるのではないでしょうか。

そんな悩みを少しでも解決できるように新生児が夜中に目が覚めてしまう原因についてまとめてみました。

・新生児が夜中に寝ない原因

新生児が夜中に寝ない原因は様々なことが考えられますが、考えられる主な原因をいくつか紹介します。

1. 寂しい、または不安

新生児期の赤ちゃんは、ついこの間までママのお腹の中にいて、常に包まれているような感覚で安心して眠ることができていました。

しかし、生まれてからはその包まれている感覚が無くて寂しい気持ちと、夜中になると真っ暗になるためその暗さが恐くて不安という気持ちが湧いてきて起きてしまうこともあるようです。

そんな時はタオルや毛布で軽く包んであげたり、疲れているかもしれませんが赤ちゃんを抱っこして声をかけながら落ち着かせてあげると良いでしょう。

2. お腹が空いている

母乳育児をしているママに多いのですが、母乳育児をしている場合赤ちゃんがどれくらいの量の母乳を飲んだかわからないため、ママがこれで足りていると思っていても実際には足りていなく、赤ちゃんがすぐにお腹が空いて起きてしまうこともあるようです。

赤ちゃんが起きるたびに、母乳を満足いくまで飲ませてあげて下さい。

そして、ゲップをしっかりさせてあげましょう。

3. 便秘でお腹が張っている

便秘でお腹が張っていて苦しくて寝られないこともあるようです。

明らかに便の頻度が少なくなっていて、赤ちゃんの機嫌が悪いようなら便秘を疑いましょう。

ママが消化に悪く、高カロリーなものを食べていると母乳にもそのまま反映されるため新生児期にはなるべく和食を中心とした野菜類など食物繊維を多く摂るような食生活を心掛けましょう。

4. 室内温度

新生児は自力で体温調節をすることができないため、部屋の温度に影響されます。

汗をかいていたり肌が冷たくなっているようなら、部屋の温度を調節したり、衣服の枚数や毛布を使って体温を調節してあげましょう。

周りのサポートに頼ろう

どうしてもママ1人で頑張ってしまいがちですが、出産を終えたばかりのママにとって新生児期の子育てはとても大変なものです。

1人で頑張ってしまうのではなく、パパや家族などに頼れることは小さなことでも頼れると良いですね。

Owen newborn- 2 / Ginny Washburne

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。