みんなを幸せにする赤ちゃんの笑顔の秘密とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Smiling Audrey

赤ちゃんの笑顔って本当に天使のようですよね。

赤ちゃんが生まれて、おっぱいを与えて、おむつを替え、あやしたり、お風呂に入れたりと忙しい毎日を送っていても、ふと見せる赤ちゃんの笑顔だったり笑いが日々の疲れを癒し、幸せな気分にしてくれるものです。

そんなふうに私たちを癒してくれたり幸せいっぱいにしてくれる赤ちゃんの笑顔にはどのような秘密があるのでしょうか。

・新生児は、本当は笑っていない?

生まれたての赤ちゃんは視力が未発達で目はほとんど見えていません。

それなのにときどき笑顔を見せたり、不思議なことに寝ている状態で一瞬笑顔を見せることがあります。

実はこの笑顔は赤ちゃんが意識的にしていることではないのです。

この笑顔は「新生児微笑」といって、生まれたばかりの赤ちゃんがママに可愛いと思ってもらうため、ママにお世話をしてもらうために本能的にしていることなのです。

しかし、最初は本能的な笑顔であってもそこから周りの反応を受け取り、次第に笑顔の意味を理解することで、最終的には意識的に笑うことができるようになります。

・意識的な笑い「社会的微笑」って?

生後3ヶ月頃になると、パパやママが笑うと赤ちゃんが笑い返したり、あやしてあげると声を出して笑ったりなど、自発的な笑い「社会的微笑」が見られるようになります。

この頃になると、パパやママがあやしたり遊んだりすることが赤ちゃんの笑顔に直結してくるので赤ちゃんとのスキンシップがより楽しいものになります。

赤ちゃんのツボにはまれば、大爆笑してくれることもあります。

笑顔の発達には個人差があり、早い子で生後2ヶ月ほどで笑いだす子もいれば、生後半年頃にようやく笑いだす子もいるようなので、他の子よりも遅くても問題はありません。

視力が発達してくるとパパやママがやっていることを真似するようになります。

パパとママが笑顔で接していれば赤ちゃんは真似をしようと徐々に「社会的微笑」を見せるようになります。

その過程を楽しめると良いですね。

・赤ちゃんの笑いのツボはどこ?

生後1歳までの赤ちゃんであれば、視覚よりも聴覚や触覚が発達しているので、リズムに合わせたベビーマッサージを行ったり、聞きなれないような効果音などを聞かせてあげるととても良く笑ってくれます。

ぜひ、赤ちゃんの大爆笑を狙ってみて下さいね。

Smiling Audrey / bryangeek

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。