まんまる抱っこ?首すわり前の赤ちゃんを抱っこするコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



IMG_1364-7

赤ちゃんが生まれると、パパやママのとって最初のお世話になるのが抱っこではないでしょうか。

小さな体で、柔らかく、首がすわっていない赤ちゃんを抱っこするのは難しいですよね。

特に初めての赤ちゃんの時は緊張すると思います。

今回は首がすわっていない赤ちゃんを抱っこするときのコツを紹介します。

・新生児の抱っこのコツ

赤ちゃんはママのお腹の中で、どんな姿勢になっていたかご存知でしょうか。

赤ちゃんは体を丸めて、C字型の姿勢をとっていました。

大人からすると背骨をまっすにする姿勢が良い思われますが、実は新生児の赤ちゃんには背骨がC字になっている抱き方が1番良い姿勢なのです。

泣いている赤ちゃんをあやしてもなかなか泣き止んでくれない時は、抱っこした時の形が居心地悪いかもしれません。

C字になっているとママのお腹の中にいた時の姿勢と同じで落ち着き、泣き止んでくれることが多いです。

・抱っこの仕方

1.横抱き

赤ちゃんを抱っこする時は、ママの両手で輪を作るようにして片方のひじの内側に赤ちゃんの頭が、反対ひじに赤ちゃんの膝の裏側がくるようにします。

こうするとママの手で赤ちゃんの背骨を抑えてまっすぐにしてしまうことがなく、まんまるの姿勢で抱っこしてあげることができます。

ママの手で作った輪から、赤ちゃんのお尻が突き出ているような形です。

ママが両手で輪を作ったときは、片方の手で反対側の手首をつかんであげると楽ですよ。

2.スリング抱っこ

スリングで抱っこすると、赤ちゃんは包まれていて自然と体が丸くなります。

窮屈そうに見えますが、スリングで抱っこすると寝てしまう赤ちゃんがたくさんいるくらい、リラックスできる姿勢なのです。

スリングで抱っこするときは、足が開脚するように気を付けて抱いてみてくださいね。

・寝かせる時の姿勢

抱っこしていると寝てくれるのですが、布団に置くと泣きだしてしまう赤ちゃんがいますね。

これは今まで体が丸まりリラックスした姿勢だったのに、床に寝ることで背骨がまっすぐになり余計なところに力が入ってしまうため起きてしまうことが考えられます。

首が支えられない赤ちゃんは、仰向けの姿勢に寝ることで未熟な筋肉を使って体を支えなければならないのです。

寝かせるときは、授乳クッションを使うと便利です。

授乳クッションの輪が開いているところに座布団や折りたたんだバスタオルを置き、お尻の部分が輪の中央にくるように寝かせます。

そうすると自然と寝る時も体が丸まり、抱っこをやめてもぐっすりと寝てくれるのです。

とにかく首がすわる前の赤ちゃんを抱っこするときのポイントは、全身を丸くすることが大切です。

そして、手足を伸ばさず、体がねじらないように注意して抱っこしてあげてくださいね。

IMG_1364-7 / Yachichurova

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。