60サイズは新生児でも大丈夫?プレオールのサイズの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Rainbow

ベビーウエアとは大人が着るアウターのことで、ウエアの形やメーカーによってさまざまな呼び方があります。

プレオールと呼ばれるベビーウエアは、新生児期から生後6ヶ月くらいまで着せることができるアイテムです。

ガバーオールと同じ意味で使っているメーカーもあり、その定義は難しいですね。

今回はプレオールのついて紹介します。

・プレオールとは

プレオールとカバーオールの違いは、新生児から生後6ヶ月まで着られるのがプレオール、生後3ヶ月から着れるのがガバーオールです。

プレオールの「プレ」は「以前」という意味なので、ガバーオールより以前に着るベビーウエアということです。

ガバーオールより低月齢の赤ちゃんに着せることができるよう、袖と裾がゴムで絞られていなく、赤ちゃんのM字型になっている足に沿った形になっています。

素材もガバーオールより柔らかいことが多いです。

・プレオールはいつまで着れる?

一般的なベビーウエアのサイズ目安

50㎝

月齢:新生児から3ヶ月

身長:50㎝から60㎝

体重:5㎏

70㎝

月齢:3ヶ月から6ヶ月

身長:70㎝

体重:9㎏

プレオールのサイズ

プレオールは新生児から着せることができるため、一般的に市販されているサイズは50㎝から70㎝です。

新生児期に着るその他のウエアとしてあるのは、ドレスオールやツーウェイオールがありますね。

ドレスオールはスカートのように足がすっぽりと隠れる長さがあり、ツーウェイオールは2種類の着せ方ができるので長く着せることを考えて、少し大きめに作られています。

プレオールは新生児の赤ちゃんの体にぴったりと合うようなサイズになっているので、生まれたては10分丈で着ることができ3ヶ月頃は7分丈になります。

ゴムで絞られていないので、10分丈でも7分丈でも、半袖半ズボンサイズになっても違和感がないのが良いところです。

また、生まれてくる前に用意するため50と60のどちらを用意して良いか迷ってしまうかもしれませんが、60を買っておくと良いと思います。

ゴムで絞られていないので長くても折り返すことができ、赤ちゃんの手足を締め付けてしまう心配もありません。

新生児は動きも少ないので、折り返していても気になりません。

生まれる季節によって、薄手や厚手の素材のものを選んでみましょう。

生後3ヶ月頃まではほとんどが自宅用になりますが、それ以降はお出かけすることも増えるのでおしゃれ着として1枚から2枚あると良いですね。

Rainbow / clry2

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。