黄疸が原因で目の色が変わる?新生児に起こる黄疸の症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



003

赤ちゃんが無事に生まれてホッとしているのも束の間、赤ちゃんの肌が黄色くなり驚いたことでしょう。

これを黄疸と言って、生理的な現象で多くの赤ちゃんに起こることがあるのです。

肌だけではなく目も黄色くなり、初めてのママは不安になるかもしれませんね。

今回は黄疸の症状について紹介します。

・新生児黄疸とは

赤ちゃんはママのお腹にいる時、胎盤を通して酸素を体内に供給していましたが、この方法は肺呼吸で酸素を体内に取り入れるより効率が悪いため、赤ちゃんは赤血球を多くして補っていました。

そのため生まれたての赤ちゃんは、体内に赤血球が多い状態です。

生まれると肺呼吸になり多くなった赤血球が必要なくなるため、分解して体外へ排出していきます。

その分解が起こる時、黄色い色素であるビリルビンが出るため肌や目が黄色く見えるのです。

ビリルビンは肝臓を通しておしっこと一緒に体外へ排出されますが、生まれたての赤ちゃんは肝臓が未熟でうまく処理することができず黄疸の症状が出ますが、赤ちゃんが成長すると肝臓の機能も成長していくので、時間が経てば自然と消えていくことが多いですね。

低体重であったり、何かしらの原因で体内のビリルビンの値が高ければ治療が必要になります。

・目が黄色いのは大丈夫?

顔色は赤ちゃんによってそれぞれでわかりづらいことがありますので、医師は黄疸を診断する時には基本的に目の色を確認します。

また、入院中は毎日黄疸測定器をおでこに当てて数値を確認してくれます。

体内にあるビリルビンが排出されない場合、白目に沈着するので目が白目が黄色く見えます。

そのため、目が黄色く見えても心配する必要はありませんし、治療をすることで元の白い目に戻ります。

通常は数週間から2ヶ月程度で治まるので心配はありませんが、発見が送れると命に関わる病気が原因である場合があるので、退院後1ヶ月を過ぎても黄疸が続く場合は受診するようにしましょう。

003 / Michael Bentley

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。