黄疸はいつまで続く?退院後に気をつけたいチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Kai and Jess

赤ちゃんが生まれれると、約9割の赤ちゃんが黄疸を発症します。

黄疸が起こる原因は、生理的なものなので心配する必要はありませんし、もちろん医師からもそう伝えられるでしょう。

しかし顔色や白目が黄色くなるため、いつまで続くのだろうと不安になるかもしれませんね。

今回は黄疸がいつまで続くのかを紹介します。

・黄疸が起きる原因とは

赤ちゃんの肌が黄色くなって驚くママもいるかもしれませんが、これはどの赤ちゃんにも起こり得る現象なので心配する必要はありません。

赤ちゃんはお腹の中で胎盤から酸素を取り入れていましたが、この方法は肺呼吸より効率が悪いので、血液中に赤血球を増やして対応していました。

そのため赤ちゃんは生まれた時赤血球が多い状態で生まれてくるのですが、生まれると肺呼吸に変わるので増やした赤血球が必要なくなるため分解して体外へ排出しなければなりませんね。

しかし赤ちゃんは肝臓の機能がまだ未熟でうまく排出することができず、体内に蓄積された状態です。

赤血球に含まれるヘモグロビンは、分解されると黄色い色素を持つビリルビンが出るので、これが肌や白目に沈着して黄疸を発症するというわけです。

・黄疸の種類

新生児黄疸

新生児の約9割が新生児黄疸を発症しますが、体の動きが活発になってくれば自然と治ります。

生後2日から5日で発症し、3日から4日目にピークを迎え、だいたい1週間から10日で自然と消えていきます。

治療は必要ない場合が多いですが、黄疸が強い場合は光線療法を行います。

母乳黄疸

母乳だけで育てている場合は、母乳に含まれる肝臓の働きを弱める女性ホルモンの影響でビリルビンの処理が追いつかず、黄疸を発症します。

母乳黄疸の場合は数週間から2ヶ月程度続くことがあります。

治療は必要ありませんが、原因が母乳であることを特定するために母乳の量を減らして粉ミルクを増やし、黄疸が治まるかをチェックすることがあります。

溶血型黄疸

溶血型黄疸とは、ママと赤ちゃんの血液型が不適合の場合に引き起こされる黄疸です。

溶血型黄疸は、赤ちゃんがお腹にいる時から始まっているので、生後24時間以内に発症します。

早期に治療が必要になり、光線療法や点滴静注が行われ、それでも黄疸が引かなければ交換輸血を行うことがあります。

24時間で治療が終了することもあれば、赤ちゃんだけ退院が数日伸びて治療を続けることがあります。

閉塞黄疸

肝臓と十二指腸を繋ぐ胆道が閉塞していることで起こる黄疸です。

黄疸が治まるはずの10日を超えても黄疸が続き、白っぽいうんちが出ていれば閉塞黄疸の可能性があります。

もし黄疸閉塞症と診断されれば手術が必要になります。

核黄疸

血液中のビリルビン値が高い状態が続くと、ビリルビンが脳に蓄積され核黄疸を引き起こします。

核黄疸の症状は、生後数日で元気がなくなり、おっぱいやミルクを飲まなくなりますし、筋力の低下が見られるようになります。

生後数日から1週間頃は発熱し、甲高い声をあげたり痙攣を起こします。

黄疸を放置してしまうと核黄疸へ進行してしまう可能性がありますので、溶血型黄疸や閉塞黄疸の時は早期に治療を開始する必要があります。

・黄疸のチェックポイント

入院中は毎日黄疸計で数値を計ってくれますし、医師や看護師がついているので心配ありませんね。

しかし退院後黄疸をチェックできるのは、パパやママになります。

観察ポイントとしては、第1に肌の色です。

肌が黄色っぽいかを観察してみましょう。

また、目の色もポイントです。

赤ちゃんの白目は通常、透明感のある白色ですが、白目が黄色く染まっている場合はビリルビン値が高い可能性があります。

また、うんちの色も要注意です。

新生児のうんちは黄色や緑色ですが、白っぽいうんちが出ていれば胆道閉塞症の可能性があります。

母子健康手帳に記載されている便色カードの1番から3番の色が出ていたら、すぐに病院へ行きましょうね。

慣れない育児で大変だと思いますが、赤ちゃんのためにも黄疸の知識を付けて健康を見守ってあげましょう。

Kai and Jess / jimmypk218

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。