新生児黄疸を放置すると怖い!原因と治療方法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



New hat

赤ちゃんはなぜ「赤ちゃん」と言われるか知っていますか?

産まれてくる時に全身を真っ赤にして産まれてくるから「赤ちゃん」と言うのです。

産まれて産湯に入り、肌着を着る頃にはだんだん赤身も治まってきますが、今度は段々と肌が黄色くなっていきます。

新生児黄疸と言い、赤ちゃんが産まれたばかりに出る症状の1つで珍しいことではありませんが、初めて見るママは何かの病気ではないかと不安になるかもしれませんね。

今回は新生児黄疸が出る原因やいつまで続くのかを紹介していきます。

・なぜ新生児黄疸になるの?

赤ちゃんが体内にいる時は羊水の中にいますが、産まれてくると空気の中で過ごさなければなりません。

羊水のと空気中の環境が違うことから、呼吸システムが変わるので血液中の内容も変更しなければならないのです。

血液中の赤血球が壊されてビリルビンという成分が増えますが、未熟な肝臓ではビリルビンの処理が追いつかず新生児黄疸が起こるのです。

新生児黄疸が起きると、体や瞳の白目が黄色になります。

新生児黄疸の9割はこれが原因で生理的黄疸と呼ばれますが、母乳黄疸と言って母乳に含まれる肝臓の機能を弱めるホルモンが症状を長引かせることがあります。

体の発育が正常で、母乳を休むと黄疸の値が下った時は間違いなく母乳黄疸ですね。

注意が必要なのは、ママと赤ちゃんの血液のRh因子が異なり不適合なため生後24時間以内に起こる溶血型黄疸や、胆道閉鎖による閉鎖黄疸です。

その他には、出生時2500g以下の赤ちゃんは低体重児になりますが、適正体重児と比べると体が弱く免疫力も少ないため黄疸が出やすいです。

成長とともに肝臓の機能も発達しますし、ビリルビンが肝臓で処理された後胆汁となり消化管や尿へ排出し、一部は腸管で吸収されて胆汁の原料になっていくので、黄疸が治まってきます。

・黄疸のピークは?いつまで続くの?

生理的黄疸は生後2日から5日で発症し、3日から4日目にピークを迎え7日から10日ほどで自然と消えていきます。

母乳黄疸の場合は1ヶ月以上続く場合がありますが、入院中医師から何も言われなければ心配いりません。

生理的黄疸の場合は治療などはなく自然に消えるのを待ちますが、母乳黄疸の場合は医師と相談してミルクを足すなどの対処をすることがあります。

家庭では赤ちゃんを薄着にして裸足にさせて、カーテン越しに足元から日光浴させることで早く黄疸が引いていきます。

又、うんちの中にはビリルビンが多く含まれていますので、母乳をいっぱい飲んでうんちを出すようにすると良いですね。

新生児黄疸発症から1ヶ月を目安に、母乳黄疸なのか他の病気が原因かを判断し治療を受けるようにしましょう。

・母乳黄疸の原因と症状

母乳黄疸とは、その名の通り母乳が原因で黄疸を引き起こすものです。

母乳だけで育てている新生児の赤ちゃんは、新生児黄疸を発症しやすく、比較的長い期間黄疸が出るという特徴があります。

その原因は、母乳には赤ちゃんに必要な免疫や抗体が含まれている他、肝臓の働きを弱める女性ホルモンが含まれているため、赤ちゃんの体内でビリルビンの処理が遅れてしまい黄疸が続いてしまうのです。

生理的に起こる新生児黄疸と同じく、成長に伴ってビリルビンを処理できるようになると母乳を飲んでいても黄疸が治まってきます。

もし退院後1ヶ月しても黄疸が続いている場合は、小児科を受診しましょう。

母乳とミルクの混合栄養に切り替えて、黄疸が治まれば原因が母乳であることを特定できますし、もし黄疸が引かなければ病的な理由が考えられます。

医師の指示に従って母乳を調節して様子をみましょう。

・新生児黄疸の影響

生理的黄疸や母乳黄疸の場合は赤ちゃんへの影響はほとんどなく治療もありませんが、溶血型黄疸や閉鎖黄疸の場合大きな影響があります。

溶血型黄疸とはママと赤ちゃんのABO式血液型やRh式血液型が違うことができる黄疸です。

血液型が違うと赤ちゃんの赤血球に対する抗体がママの体にできてしまうので、その抗体が赤ちゃんの赤血球を分解していまいビリルビンが増えてしまいます。

黄疸が強く出る血液型の組み合わせとしては、ママがO型で赤ちゃんがA型やB型の血液型をしていると、黄疸が強く出やすいようです。

生まれてすぐに新生児黄疸よりも強い黄疸の症状がある場合は溶血型黄疸の可能性があり、治療が開始されます。

光線療法などの適切な治療を受けることで、黄疸を治すことができるので心配ありません。

また、Rh型不適合の場合も強い黄疸を引き起こします。

ママがRhマイナスの血液型で、赤ちゃんがRhプラスの場合、赤ちゃんの黄疸が強く出る傾向にあります。

第1子出産の時は基本的にママの体に抗体がないので、Rh型不適合による新生児黄疸はでないようになっていますが、出産することで体内に抗体が作られてしまい、その結果第2子出産の時にRh型不適合による強い黄疸が出てきてしまいます。

第1子を出産したらすぐに抗体ができないように治療しておくことで、第2子の時に強い黄疸が出ることを予防できます。

ママの血液型がRhマイナスという場合は、医師に相談しておくようにしましょうね。

閉塞黄疸とは肝臓と十二指腸を繋ぐ胆道が閉鎖していることで起こる黄疸です。

黄疸が治まるはずの10日を超えても黄疸が続き、白っぽいうんちが出ていれば閉塞黄疸の可能性があります。

もし黄疸閉塞症と診断されれば手術が必要になります。

また、ビリルビンは神経に対して毒性があり普通であれば血液中の有害物質が脳に入らないように脳血液関門があるのですが、新生児はこの機能が弱くビリルビンが大量にあると脳に侵入し、神経を破壊して核黄疸という病気に進行し障がいを残してしまう可能性があります。

核黄疸

核黄疸の初期症状は聴覚障害ですが、新生児の聴覚の異変に気付くことはなかなか難しいですね。

発症から1日から2日で筋力の低下があり、吸う力がなくなるためミルクやおっぱいの量が減り、排泄の量も減ってきます。

排泄が減るとますますビリルビンが溜まってしまうのです。

発症して1週間から2週間経つと痙攣や筋肉がつっぱり、発熱があり、1ヶ月から2ヶ月経つと痙攣や筋肉のつっぱりはなくなりますが、黒目の落陽現象(黒目が陽が落ちるように下を向く)が見られます。

核黄疸が進行すると脳性麻痺や知的障がいを残してしまう可能性が高いですが、この段階では治療が手遅れになってしまいます。

母乳黄疸だから大丈夫だろうと安心して放っておくと、核黄疸を見逃してしまうかもしれません。

早めに黄疸の原因をつかみ治療するようにしましょう。

・新生児黄疸で入院が長引く?

自然分娩であれば約5日、帝王切開であれば約10日で退院できますが、黄疸の数値によっては赤ちゃんだけ退院が伸びることがあります。

黄疸で赤ちゃんだけ退院が伸びることはよくあることですが、退院が伸びると聞くとママは心配ですし、少しの間離れて過ごすのも気が気でないですよね。

しかし赤ちゃんの健康を考えての入院なので気を落とさず、後日赤ちゃんを迎えに行きましょうね。

・新生児黄疸の治療方法

9割の赤ちゃんに新生児黄疸が現れ、2割の赤ちゃんに治療が必要となります。

入院中は毎日、額や胸に計測器をあて皮膚に光をあてることでビリルビンの濃度を計測します。

この黄疸計を使って計測し、異常があった場合は赤ちゃんのかかとから採血し血液検査をします。

このように黄疸計や採血をした結果治療が必要と診断されると、次のような治療を行います。

光線治療

黄疸の治療として有名なのが光線治療です。

赤ちゃんはおむつ1枚になり目隠しをして24時間保育器の中で光を浴びます。

光に当たることでビリルビンが水に溶けやすい状態になり、体外へ排出されやすくなるのです。

おむつ替えや授乳以外はずっと光を浴びている状態で過ごし、光線治療後再度ビリルビンの値を計測し結果が良ければ終了ですが、まだ値が高ければ12時間から24時間光線治療を続ける場合があります。

光線治療が終了したの翌日にもう一度検査し、ビリルビンの値が問題なければその後黄疸の心配はないと言われています。

交換輸血

光線治療でも下がらない場合や赤ちゃんの血液中のビリルビンの値がとても高い場合、急激に値があがった場合は、急いでその値をさげなければなりません。

その時に行われる治療は交換輸血です。

赤ちゃん自身の血液をゆっくりと取り出しながら、見合う血液を輸血する方法です。

輸血と聞いて心配になるかもしれませんが、黄疸の治療として有効な手段です。

まとめ

新生児黄疸はほとんどの赤ちゃんに見られる症状ですが、油断して放っておくと別の病気を見逃してしまうかもしれません。

母乳で育てている場合は新生児黄疸は長引くことがありますが、元気な様子であれば問題ないでしょう。

ただし具合悪そうにしていたり、母乳を飲む量が少ない時は注意が必要です。

また、新生児のおしっこは普通無色透明ですがおしっこが赤かったり、普通は緑色や黄色の便のはずが白っぽい便が出た場合、黄疸が1ヶ月以上続く場合は、手遅れにならないようにすぐ病院を受診してくださいね。

早期発見ができて適切な治療が受けられれば病気も治すことができるので、大丈夫な黄疸と心配な黄疸を見分けられるようにしておくと良いですね。

New hat / treehouse1977

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。