綿素材が良い?赤ちゃんのことを考えた衣類選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Zoe & Dani-21

赤ちゃんが着る服は直接肌に触れるので、素材にこだわり着心地の良い服を選んであげたいですよね。

よく動き回るので、動きを妨げない伸縮性のある服選びも大切です。

どんな素材が適しているのか、サイズはどうしたらよいのだろうか。

そんな疑問にお答えしていきます。

・素材選び

赤ちゃんは大人と同じだけの汗腺がありますが、体が小さいため汗腺の密度がとても高いため汗っかきです。

また、生後1ヶ月で10㎝も身長が伸びるくらい新陳代謝が活発です。

衣類を選ぶ時は吸湿性や吸水性の良い綿を選ぶと赤ちゃんは快適に過ごすことができます。

メリヤス製や綿ジャージ、綿パイルであれば伸縮性もあるので、赤ちゃんの体の動きを妨げることはありません。

0ヶ月から3ヶ月は綿100%でソフトな素材のメリヤス製品を中心に、肌着や長下着を選ぶと良いですね。

汗っかきですぐに肌着が汚れてしまうので、1日に何度か取り替えると思います。

洗い替えのことも考えると、少し多めに、そして乾きやすい素材がおすすめです。

ベビードレスやベスト、アフガン、帽子など季節に合わせて揃えると良いと思います。

4ヶ月を過ぎた頃からは体の動きが活発になり、体重も生まれた時の約2倍になるので、新生児用では間に合わなくなります。

おむつカバーや肌着を買い足し、カバーオール、よだれかけ、トレーニングパンツが必要になります。

・服のサイズ

赤ちゃんの衣類のサイズ表示はJIS規格により決められており、身長と体重が併記されているので両方を確かめて選ぶと良いでしょう。

6ヶ月を過ぎる頃から、ふっくらタイプ、ほっそりタイプがはっきりしてきますので、身長より体重を目安にすると体にあった製品を選ぶことができます。

・衣類の年間プラン

衣類は様々な種類があり、全て購入し揃えると意外と大変です。

年間を通して欲しいものを決め、買うのか借りるのか、もらうのか作るのかを決めます。

赤ちゃんの大きさは生まれてみなければわかりませんし、衣類はお祝いに頂くことが多いので、出産前は新生児期に使う必要最低限を用意しておき、その後は徐々に買い足していくのがおすすめです。

出産予定日と同じ季節に生まれた赤ちゃんがいる先輩ママに聞いておくと参考になると思います。

衣類メーカーのカタログや通信販売、リースカタログを集めておくと、産後忙しくて買いにいけなくても、パパに頼んだりネットで注文しやすいですね。

お宮参りなどの晴れ着はリースを利用することができます。

リースなどをうまく使い、賢く衣類を揃えていきたいですね。

Zoe & Dani-21 / Aleks J Clark

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。