いつ、誰と行く?成長を願うお宮参りの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Omiyamairi

新しい家族が増え最初に家族で祝う行事はお宮参りです。

赤ちゃんにとっても、家族にとっても大切な儀式であるお宮参りですが、どんな準備をしたらよいのか、当日の流れに決まりはあるのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

今回はお宮参りの基礎知識を紹介していこうと思います。

赤ちゃんの誕生を祝い、神様への報告をしっかりしておきたいですね。

・お宮参りってなに?

お宮参りは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。

昔は氏神さまに参拝して新しい氏子(うじこ)として神様の祝福を受けたり、お産の忌明けをしていましたが、現在は無事に赤ちゃんが生まれてきたことに感謝し健やかな成長を願う行事になっています。

・お宮参りは誰と行くの?

昔は、赤ちゃんの両親と父方の祖父母が神社へお参りする行事でした。

現在は、両方の両親が参加したり両親の兄弟が参加するなど、家族が集まるイベントとして捉えられています。

祖父母が遠方に住んでいる場合は、赤ちゃんと両親だけで済ませることもあります。

あまり形式的なことにとらわれるのではなく、家族で楽しめる1日にできると良いですね。

・お宮参りに行く準備

日程

お宮参りに行く日程を決めますが、生後1ヶ月くらいが目安となります。

地域によって差があり一般的には男児が生後31日、女児は33日とされていますが、京都では女の子が早くお嫁に行けるように男の子より先にお宮参りをする風習があります。

生後100日に行う地域もありますので、祖父母やその地域の風習に詳しい方に聞いてみましょう。

1ヶ月で赤ちゃんを連れ出すのが心配というママがいますが、悪天候でなければ大丈夫です。

赤ちゃんが着る服

正式な服装は白羽二重の着物を着せた上から紋の入った祝い着をかけますが、最近は真っ白のベビードレスの上に祝い着をかけるスタイルが定番です。

この時期に用意するベビードレスはすぐに着れなくなりますし、安いものではありません。

レンタルという方法や親戚や友達に借りるという方法もありますよ。

神社に予約を入れる

日程を決めたら神社に予約を入れます。

昔は氏子入りの儀式を兼ねていたのでその土地の氏神さまがいる神社でお宮参りをしていましたが、現在はその意味が薄れているのでどこの神社でも良いとされています。

予約の時に初穂料を聞いておくと良いですね。

神社によって初穂料は異なりますが、5,000円から10,000円が目安です。

神社によっては「お気持ちで」というところもあり迷ってしまうと思いますが、その際は5,000円から10,000円の範囲で包みましょう。

家族の服装を決める

お宮参りに行くときのマナーとして、家族はフォーマルな衣装を着るようにしましょう。

着物を着るイメージがあるかもしれませんが、おっぱいをあげなければならないこともあるので複雑な衣装は避けた方が良いですね。

記念写真を予約する

思い出に残る行事なので、記念に写真撮影をして残しておくと良いと思います。

大安の日は予約が早く埋まってしまうので、早めに予約を入れましょう。

当日はご祈祷に30分程度かかるので、その時間に合わせて予約をすると良いと思います。

撮影時間はどれくらいか聞いておくと、食事会の予定を組みやすいですね。

食事会の準備

お宮参りと記念写真撮影の後は、せっかく集まった祖父母と一緒にお食事会をして、子どもの成長を喜びましょう。

移動距離が少ない場所を選ぶ方が良いと思います。

お宮参りの当日の流れ

1. 赤ちゃんにベビードレスを着せます

ベビードレスは赤ちゃんにとって窮屈で、着慣れたものではありません。

家を出る直前に着替えさせてあげましょう。

ミルクを吐き戻す可能性があるので対策をして出かけると良いですね。

2.神社で受付を済ませる

余裕を持って予約時間の10分前には到着するようにし、神社で受付を済ませます。

この時初穂料を納めましょう。

3.ご祈祷してもらう

神社で流れを説明してくれますので、それに沿って進めてきます。

赤ちゃんだけでなくママやパパが参加することもありますが、全て説明がありますので心配いりません。

4.記念撮影をする

お宮参りが済んだら、予約していた撮影スタジオに向かいましょう。

お宮参りの時間によっては、写真撮影が先になることもあります。

5.食事会をする

お宮参りの日だからと言って特別なことはありませんので、家族で楽しく食事を楽しみましょう。


Omiyamairi / wakanmuri

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。