心と体が急成長!新生児期にオススメの遊びとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Mobile fascination

抱っこするのが怖いほど小さな新生児。

1ヶ月を過ぎると、だいぶ体つきがしっかりしてきます。

この1ヶ月は体の成長が一生のうちで最もめざましく、表情が出てきて笑顔を見せるようになります。

手足の動きが活発になり目や耳の働きも発達し、心身ともに1日1日変化がある時期です。

発達がめざましい新生児期からオススメの遊びを紹介します。

・新生児期から3ヶ月までのオススメの遊び方

おむつ替えでママと触れ合い遊び

おむつ替えや着替えの時に赤ちゃんの肌に触れ、コチョコチョしたり、お腹に口を当ててブーッと吹くととても喜びます。

肌と肌の接触が赤ちゃんを安心させます。

目や耳の発達に適した遊び

目の前でガラガラなどを鳴らしてあげましょう。

そのうち違う場所で鳴らすようにすると赤ちゃんはキョロキョロと楽しそうに探します。

視力に合わせたおもちゃ

ベットの上にモビールを飾るととても喜びます。

新生児期の赤ちゃんの視力はまだ低いので、1番よく見える30㎝から50㎝の距離に吊るしてあげると良いですね。

はっきりした色のモビールを下げ揺らしてあげましょう。

リズムを取った遊び

赤ちゃんの手のひらの中にママの指を入れると、ギュッと握り返しますね。

リズムを取りながら振ってあげましょう。

抱っこしてゆったりと揺らすのも良いですね。

小さくゆらゆらしたり、リズミカルな動きが運動になり、情緒が安定します。

・「感覚」を育てよう

見る、聞く、肌への接触などの全てが、生まれたばかりの赤ちゃんにとっては新しい世界での初体験、初めて感じる外からの刺激です。

音がするものに興味をもち、色々な色や動くものを見るのが楽しくてじっと見つめます。

ママやパパの声を聞くのも、抱っこしてもらうのも、ゆらゆらとゆすられるのも、ほっぺをツンと触られるのも、赤ちゃんは喜び心が安定するのです。

色々な刺激を受けて、赤ちゃんは知能を育てていきます。

Mobile fascination / treehouse1977

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。