布おむつと紙おむつの特徴?良いとこ取りの併用がおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Airport diaper change

赤ちゃんが生まれる前に意外と悩むのが「布おむつ」にするか「紙おむつ」にするかということです。

昔は布おむつが主流でしたが、紙おむつの性能があがり紙おむつを使用するママが増えました。

ここ最近布おむつの魅力が見直されて、若いママたちにも選ばれるようになってきましたね。

今回は布おむつと紙おむつの特徴について紹介します。

・布おむつの特徴

反物状の布おむつをして、上からおむつカバーをして使います。

サイズがないので、赤ちゃんが成長してもサイズアウトすることなく使え、繰り返し使うことができるのが特徴です。

おむつ替えは赤ちゃんとのスキンシップができる良いチャンスなので、布おむつの赤ちゃんの場合取り替える回数が多いため自然とスキンシップの回数が増えますね。

デリケートな赤ちゃんの肌を守ってくれますし、初期費用だけかかりますがおむつが外れるまでのトータルコストは安いですね。

汚れた時に気づきやすいことから、おむつはずれが早いともいわれています。

ただし、吸収力が悪く長時間付けておく夜間や外出には注意が必要ですし、赤ちゃんが「濡れた」と感じやすいのでこまめにおむつ替えが必要になります。

こまめにおむつを替えるのでおむつかぶれは防げますが、無理して布おむつを選ぶとおむつ替えが苦痛になり、頻度が追いつかずおむつかぶれになる可能性もあります。

・紙おむつの特徴

吸収性が高くおむつ替えをしたら捨てるという使い捨てタイプなので手間がかかりません。

洗濯の手間がなく始末が楽なのは良いところだと思います。

紙おむつの機能性はどんどんよくなり吸収力が高く清潔なので、夜間や外出時に使用するのには優れています。

反対に、吸収性や保水性がよいため赤ちゃんの不快刺激が減り、泣いて知らせることが少ないのはデメリットといえると思います。

使い捨てできることは手間がかからず良いですが、ゴミが増え、コストが高くなりますね。

紙おむつは赤ちゃんの月齢や体格によってサイズを選ばなければなりませんし、サイズアウトすると使えず、サイズが合っていないと漏れやかぶれの原因になってしまいます。

保育園などに預ける場合紙おむつが多くなりますから、働くママは紙おむつを使用することが多くなると思います。

・布おむつと紙おむつ、どっちが良い?

布おむつと紙おむつ、どちらにもメリットとデメリットがあり、どちらを選んでも問題ありませんし、どちらが良いという判断は難しいものです。

赤ちゃんの肌やコスト面、おむつ外れの早さ、スキンシップ回数を考えると布おむつが良いですよね。

一方で紙おむつは、使い捨てができる、吸収性が良いので紙おむつにも良さがありますし、スキンシップは意図的に増やすことでカバーできると思います。

たとえば、日中は布おむつを使い、夜間や外出中は紙おむつを併用をすると、どちらのメリットも得ることができ、デメリットを半減できるのでおすすめですよ。

ママと赤ちゃんが快適に過ごせる方法を選んでみてくださいね。

Airport diaper change / ishane

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。