春生まれの新生児!どんな肌着やウエアを用意する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Sean Daniel

3月4月5月に生まれてくる、春生まれの赤ちゃん。

気温差が激しいこの季節ですので、赤ちゃんの様子を見ながら肌着や合わせる服の枚数を組み合わせてあげたいですね。

春生まれの赤ちゃんのためにどれくらい服を用意したら良いかを紹介しますので、参考にしてみてください。

・春生まれに必要な肌着

短肌着

赤ちゃんが着る基本となる肌着が短肌着です。

腰丈まであり汗を吸い取る役目をするので、用意しておくべきものです。

汗を沢山かく新生児ですしミルクの吐き戻しが多い時期なので、洗い替えを考えて5枚から6枚用意しましょう。

長く着られるようにサイズは50から60くらいがオススメです。

長肌着

短肌着の丈を長くした肌着を長肌着と言い、足の動きが少くおむつ替えが多い新生児向きの肌着です。

長く着ることができませんし、コンビ肌着で代用できるため1枚あれば十分で、あえて購入しなくても良いかもしれません。

コンビ肌着

長肌着のように丈が長く、股の部分をスナップで留めることができる肌着です。

足の動きが激しくなってきた頃にオススメです。

寒い時間帯は短肌着とコンビ肌着を重ね着し、その上にウエアを着ると良いので4枚から5枚あると便利ですね。

・春生まれに必要なウエア

ドレスオール

裾がスカート状になっているので、おむつ替えが多く足の動きが少ない新生児向きのウエアです。

新生児期にしか着れないので、長く着せたい場合はツーウェイオールで代用できるため1枚あれば十分で、わざわざ用意しなくても大丈夫です。

ツーウェイオール

スナップを留める位置によって、ドレスオールにもカバーオールにもなる長袖長ズボンのウエアです。

生まれたばかりの春はドレスオールとして、夏は暑いのでお休みし、半年経って秋にカバーオールとして使用できるためとても便利です。

2枚から3枚あると良いと思います。

カバーオール

全身を包むようなウエアのことで、長袖長ズボンになっており袖口や裾にはゴムが入っています。

ツーウェイオールは袖が長いので折って着せることがありますが、カバーオールは必要な時期にジャストサイズを選んであげると良いですね。

ツーウェイオールの枚数を見て、季節ごとに買い足すような感じで1枚から2枚あると良いと思います。

プレオール

カバーオールは3ヶ月頃から着るのに対し、プレオールはカバーオールより以前に着る意味が含まれているウエアですので、新生児のM字の足に合った作りになっています。

半袖半ズボンで裾や袖が絞られていません。

カバーオールやツーウェイオールの枚数を見て1枚から2枚あると良いですね。

・春生まれにあると便利なアイテム

新生児ベスト

肌寒い時にウエアの上に着せられるので1枚はあると便利です。

春生まれだと、3シーズン使えるものかオールシーズン対応のベストがあると良いと思います。

カーディガン

体温調整や冷房対策、紫外線対策に必要不可欠なアイテムなので1枚はあると便利です。

鞄に入れておくことが多いので、シワになりにくい素材を選ぶと良いですね。

おくるみ

別名アフガンと言い、退院や外出する時首が座らない赤ちゃんを巻いて抱っこするのに便利です。

おくるみが必要なくなっても、おむつ替えシートやブランケットとして利用できるので1枚はあると良いですね。

帽子

新生児の頭髪は薄いので、紫外線や体温調節するために用意が必要です。

おくるみに頭を入れるポケットが付いている場合は使用しないので、その兼ね合いも考えて購入しましょう。

Sean Daniel / ian.schofield

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。