赤ちゃんにほくろができるのはいつ?原因は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Smile

赤ちゃんにほくろはないというイメージですが、その通りで多くの赤ちゃんが後々できてきます。

生まれつきほくろがある赤ちゃんもいますが、ほくろができると皮膚がんの可能性があり怖いですよね。

今回はほくろがいつ頃でき始め、できる原因は何かを紹介します。

・ほくろはいつからできる?

私達がほくろと呼んでいる黒い点ですが、厳密に言うと生後6ヶ月以降にできたものをほくろと呼びます。

赤ちゃんにほくろができるのは早くても生後3ヶ月から4ヶ月で、生まれつきある黒いあざはほくろではなく先天性色素性母斑と言います。

生まれた時に5㎝以上ある黒いあざは、わずかですが将来悪化する可能性があるので注意が必要です。

・ほくろができる原因

生まれつきほくろのようなあざがある場合、ママのお腹の中でできていると言われています。

生まれた後にほくろができる場合は、遺伝、紫外線、外部刺激、ストレスが原因のようです。

この4つの原因のうち、赤ちゃんに関係あるのは遺伝と紫外線です。

パパやママにほくろが多ければそれが遺伝し、赤ちゃんもほくろができやすい体質の可能性が高いですね。

生後1ヶ月を過ぎると赤ちゃんは外出が多くなり、紫外線対策をしていても完全に防ぐのは難しいのでほくろができる原因になるようです。

Smile / Marco Falcioni

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。