ファーストシューズはいつから履かせる?サイズや形の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Tiny

赤ちゃんがたっちして歩き始める頃、ファーストシューズを用意しますね。

初めて履く靴だからこそ、赤ちゃんにとって履き心地の良い靴を選んであげたいですね。

今回はファーストシューズを購入するタイミングや選び方を紹介します。

・ファーストシューズはいつから履かせたら良いの?

ファーストシューズとはその名の通り、赤ちゃんが初めて履く靴です。

赤ちゃんが立って10歩位自分で歩けるようになった、つかまり立ちをするようになった、ハイハイしていても外遊びで足が寒そうだから、靴に慣らしておきたいなど、ファーストシューズを用意するタイミングは個人差があって良いのです。

その時の赤ちゃんの足に合っていれば問題ありません。

しかしハイハイの時など慣らしておくために早目に買うと、実際に履くときにサイズが合わないこともあります。

実用性を考えるなら、赤ちゃんが歩き始めた頃に買ってあげると良いですね。

一般的には1歳前後で購入するママが多く、早くて8ヶ月くらいのようです。

ファーストシューズを購入するタイミングは個人差があると思いますが、赤ちゃんは歩き始めるとまずは裸足で感覚をつかんでいきます。

最初から靴を履かせるのではなく、まずは家の中で自由に歩かせてあげることが大切です。

慣れてきたら靴を履かせてあげると良いので、あまり早くに買いすぎるとサイズアウトしてしまうかもしれないので気をつけましょう。

・ファーストシューズの選び方

サイズ

赤ちゃんは歩く時に足の指を上下させながら歩きます。

つま先に余裕がなければいけないので、足の大きさより5㎜くらい大きなものが歩きやすいと思います。

歩き始めの赤ちゃんはよく躓いて転んでしまいます。

つま先が反り上がっている靴は、多少の障害物に引っかからない工夫がされているので安心です。

素材

赤ちゃんの靴は柔らかく、靴底がよくしなるものが良いですね。

地面からの衝撃を和らげるようなクッション性があるものを選びましょう。

デザイン

可愛いデザインのものが豊富にあり目移りしてしまいそうですが、赤ちゃんは自分で靴を履くことができません。

ママが履かせやすいデザインのものを選びましょう。

履き口が大きく、面ファスナーでしっかりと留められるタイプが良いと思います。

・サイズが合わない時

ファーストシューズを用意してみたものの、サイズが合わないこともありますよね。

大人であれば中敷きで調節しますが、赤ちゃんの場合中敷きで調節するのは好ましくありません。

歩きやすい靴は、靴のかかとと赤ちゃんのかかとがぴったりと合う靴です。

中敷きを入れてしまうと履き口が浅くなり、かかとが合わない靴になってしまいます。

靴が合わないと脱げやすくなったり、脱げないようにと変な歩き方になってしまいます。

サイズが小さかった場合は思い出に、大きい場合はそのサイズになるまで待って、赤ちゃんが歩くのが楽しいと感じられる靴選びをしてあげてくださいね。

・ファーストシューズの買い替えのタイミング

自分でまだ「きつい」「痛い」と言えない赤ちゃんのうちは、買い替えのタイミングに気をつけましょう。

骨の柔らかい赤ちゃんは、足に合わない靴を履いていると脱げやすくなってしまいます。

3歳くらいまでは半年の1㎝、3歳から5歳のうちは1年間で約1㎝伸びると言われています。

そのため、3歳くらいまでは3ヶ月に1回、3歳から5歳のうちは半年に1度を目安に靴を確認してみましょう。

ファーストシューズはさまざまなブランドがあるので、足にピッタリと合う1足を選んであげましょうね。

Tiny / smoorenburg

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。