絵を描く力を伸ばす!ちょっとした声かけの工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Nicholas_drawing_2010_07_23c

絵を書くのが苦手な子どもがいて、発想力や想像力を伸ばすにはどうやって声をかけてあげると良いかママは悩むことでしょう。

ママ自身も絵に自信がないと、どう接していけば悩んでしまうと思います。

子どもは発想力が豊かですが、それを表現できるかできないかは言葉がけによって変わってくると思うのです。

今回は子どもがお絵描きに自信を持てるような声かけを紹介します。

・お絵描きの力を伸ばす言葉がけ

自由に描いていいよ

小さい頃はクレヨンを持って紙に書くことが楽しく、自由に描くことができると思います。

描いた絵に対してママが「これなあに?」と聞くと、適当に描いたものに後付される形で「りんご」などと答えてくれるようになります。

それが繰り返されることで、子どもの中では「あれを描こう」という目的を持って描くことへ繋がっていきます。

成長するに従って絵が上達してきますが、「自由に描いていいよ」というと描き出しに困っている子どもが出てくると思います。

そのような時は、きっかけを与えてあげることが必要なのです。

「赤いクレヨンで描いてみよう」「丸をたくさん描いてみよう」など、きっかけを与えることで子どもの想像力がどんどん引き出され表現してくれるはずです。

上手だね

子どもが頑張って絵を描いていると、「上手だね」と褒めたくなりますよね。

しかし思い返してみてください。

私達大人が絵を描いて人に褒められる時は、対象と似ているかどうかで判断されますよね。

子どもながらに自分の絵を褒められていても、ママの方がキャラクラーを描いた時にうまく描けるからこそママに描いてとお願いしてくるのです。

ママに褒められることは子どもにとって嬉しいことですから、次も褒められようと似せて描くようになり、結果的に想像力にはつながらなくなってしまうのです。

子どもの絵を褒める時は、「こんなところまで描けているなんてすごいね」「こんな描き方ができるなんて天才だね」というように子どもの発見や発想に対して褒めるようにしてあげてください。

また、「〇〇ちゃんとお絵描きできて嬉しいな」「「ママは〇〇ちゃんの絵を見るのが好きだな」など、子どもが絵を描くことが楽しい、絵を描いていいんだ、と思わせることが大切です。

言葉や援助の仕方1つで子どもの絵はどんどん伸びていきますので試してみてください。

Nicholas_drawing_2010_07_23c / IngaMun

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。