乳歯が原因?子どもが虫歯になりやすい理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



First tooth

子どもが虫歯にならないようにママがいくら気を付けていても、簡単に虫歯ができてしまいますよね。

子どもの虫歯は親の責任と言いますが、虫歯にならないようなデンタルケアを知っておかないと、虫歯を防ぐのはなかなか難しいものです。

今回は子どもの歯が虫歯になりやすい理由について紹介します。

・子どもが虫歯になりやすい理由

大人と子どもの歯を比べると、圧倒的に子どもが虫歯になりやすいと言えます。

それは、永久歯と乳歯に違いがあるからです。

歯の頭の部分を覆っている白いところをエナメル質と言いますが、乳歯のエナメル質は永久歯に比べて2分の1から3分の1程度しかありません。

そのため、エナメル質の下にある象牙質まで虫歯が到達するのが早く、すぐ痛みに変わってしまいます。

また、口の中にはミュータンス菌という虫歯を作る菌がいます。

プラーク(歯垢)が虫歯菌の温床となりますし、虫歯菌は糖が大好きです。

子どもは甘いものが大好きですが、食べたらすぐに歯磨きをする習慣がないため、虫歯になりやすいのです。

もちろん、全員が虫歯になりやすいのではありません。

唾液の性質などにより虫歯になりにくい子どももいますよ。

・子どもの虫歯の予防法

糖が入っていない食べ物を食べると良いのですが、おやつもジュースもあげないのはかわいそうですよね。

甘いものを食べる代わりに、「食べたら磨く」という習慣を付けることが大切です。

また、普段からキシリトールのガムやラムネを与えたり、定期的に歯科健診を受けるなどして、子どもの虫歯を防げるようにしたいですね。

First tooth / yoshimov

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。