挨拶は集団生活で学ぶ!それまではママが見本を見せよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



こんにちは

しつけの基本だからこそ、挨拶や言葉遣いはしっかりと覚えて欲しいですよね。

しかし、何度教えても挨拶ができなかったり、気に入らないことがあると「バカ」と言ってしまう子どももいます。

挨拶や正しい言葉遣いを教えたいママの気持ちはよく分かります。

今回は挨拶や言葉遣いのしつけについて紹介します。

・完璧な挨拶は集団生活が始まってから

恥ずかしがって挨拶をしなかったり、小さな声で挨拶をする子どもをついつい叱ってはいませんか?

2歳や3歳の子どもに、完璧な挨拶を求めるのは少し早い気がします。

最初からママが理想とする挨拶ができないのは当たり前のことです。

小さい声だったとしても「ちゃんと挨拶できてえらいね」と、子どもの意欲を認めてあげてください。

そして、完璧な挨拶を習得するのは集団生活の影響が大きいことを知ってほしいと思います。

まだまだ親子関係が強い3歳までの子どもに、完璧な挨拶は難しいですね。

幼稚園に入園したり、保育園に通っている子どもでも、4歳くらいになると親子関係だけではなく友達や先生との関係が強くなってきます。

そうすると自然に挨拶を覚えていきますよ。

・悪い言葉遣いをした時の対処法

集団生活が始まると、「バカ」などの悪い言葉を覚えてくるかもしれません。

初めて子どもからその言葉を聞くと衝撃的だと思いますが、集団生活では良いことも悪いことも影響を受けています。

悪い言葉だけに目を向けるのではなく、良い影響を受けているところを見つけてあげましょう。

また、悪い言葉でもたくさん学んでいる証拠です。

「ママが教えていない言葉を知っているのね」と子どもを認めながら、「でもバカは人を傷つけるから止めた方が良いと思うよ」とママの気持ちを伝えるようにしましょう。

・挨拶を教える方法

3歳までは完璧な挨拶ができないのは普通のことで、焦って教える必要はありません。

ママが周囲の人にきちんと挨拶している姿を見せていれば十分です。

口うるさくしつけなくても、ママの姿を見て自然と子どもは学んでいきますよ。

こんにちは / iandeth

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。