ルールやモラルは集団生活で学ぶ!環境を提供することが大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Slide

子どもを公園に連れて行くと順番を守ったり、おもちゃを譲ることができずママは厳しくなってしまいますよね。

社会的ルールやモラルは集団生活をしていくうえで欠かせないことです。

しかし、ルールやモラルはママが口で言うだけではなかなか身につかないものなのです。

今回はルールやモラルを教えるために必要なことを紹介します。

・ルールは集団生活で学ぶ

私達が過ごす「社会」は、ルールやモラルがあってこそ成立していますよね。

子どもにそれを伝えるには、学べる環境を提供してあげることが必要なのです。

ひとりっ子であれば、きょうだいがいないので「譲ったり、譲られたり」という環境にありませんので、おもちゃを譲れなくて当然と思って良いでしょう。

順番を守ることや、おもちゃを譲ることを覚えさせたい時は、地域の子育てサークルや保育園の遊び場開放に参加してみると良いと思います。

ルールやモラルを守らないと友達とうまく遊べないということを、子どもたちが身をもって体験することで学びに繋がっていきます。

・嘘が悪いことと気付く時期

モラルの面でいうと、子どもが嘘を付くことを心配しているママがいると思います。

「嘘も方便」ということわざがあるように、願望が嘘という形で現れることがあるのです。

そして、「嘘を付かない子どもはいない」ということです。

嘘が悪いことと気付くのは、小学校入学してからです。

自分の嘘が大変な事態を招いたり、友達を傷つけてしまってはじめて気付いていきます。

持っていないおもちゃなのに、「それ持ってる」と嘘をつくのは、「そのおもちゃが欲しい」という願望があるからです。

嘘の裏側にある気持ちを読み取り、叱らずに聞き流してあげましょう。

子どもが小さいうちに付く嘘は心配する必要はなく、いつか自分で気づく時がきますよ。

大人の嘘とはまるで質が違うものなで、集団生活を通して学べるよう環境を提供してあげると良いですね。

Slide / oparrish

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。