とっても汗っかき!シャンプーは毎日するべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Oi-oi-oi!!!

子どもの髪を洗う時、嫌がって泣いたり逆に遊んでしまう子どももいて、ママは大変ですね。

遊んでしまう子どもは泡が楽しいのか、洗っている最中にも泡を手に取ってしまいなかなかじっとしていてくれません。

また、そのまま目をこすって泣くこともあり子どもの髪を洗うのは一苦労だと思います。

今回は子ども髪を洗う時の工夫について紹介します。

・ベビー用シャンプー

ベビー用シャンプーは、皮膚の弱い赤ちゃんの肌を考えて作られています。

体から頭まで洗えるものもあり、年齢が低いほどおすすめですね。

ベビー用は目にしみないタイプで、多少のことは気にせず洗えると思います。

赤ちゃんの皮膚は大人の半分の薄さしかないため保湿も重要ですが、ベビー用シャンプーは保湿を考えた商品が多いのも嬉しいですね。

新生児の頃は皮脂の分泌が激しく新生児ニキビができるほど汗をかきますが、生後3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌が減り乾燥し始めるのが赤ちゃんの皮膚の特徴です。

毎日お風呂に入って、体や頭を洗って清潔に保ってあげたいですね。

商品を選ぶ時、「無添加」という言葉に惹かれやすいですが、無添加が肌に良いとは限らないことを知ってほしいと思います。

子どもの肌に必要なのは保湿成分が入っていることです。

水と界面活性剤だけのものは保湿ができないため、成分表をチェックし上位に保湿剤がある商品を選ぶと良いですね。

・ベビーシャンプーはいつまで使うの?

ベビー用シャンプーの試用期間は決まっておらず、ママの考えと子どもの肌次第になります。

ベビー用のシャンプーで肌トラブルがあった子どもに石鹸を使うと改善されることもありますし、大人用のものを使っても平気という子どももいます。

しかし、原液をそのまま使用したのでは目に入った時にしみると思いますので、洗面器などにお湯を張って数滴たらしたものを泡立てて洗ってあげると良いと思います。

2歳くらいになれば、目をつぶって頭を洗う練習にもなると思います。

また、シャンプーハットなど抵抗がなければ使ってみてはいかがでしょうか。

・常に清潔な頭に

暑い季節などは子どもの頭は汗ですぐにべたべたになり汚れがわかりやすいですが、冬でも意外と汗をかき頭皮は汚れています。

子どもの汗はサラサラで大人と違いすぐに乾いてサラサラヘアーに戻りますが、それでも汗をかいているのでしっかりと洗ってあげたいものです。

「洗うのが大変だし臭いも気にならないから、2日から3日に1回くらいで大丈夫だろう」というのは危険です。

ふけや、髪の毛を痛める原因になります。

シャンプーを嫌がる子どもには、歌を歌ったり小さなジョーロなどを使用して、気を紛らわせながら手早く洗ってしまいましょう。

思い切り押さえつけたり叱ったりすると、もっと嫌になってしまい逃げ出そうとします。

「じっとしていればすぐ終わるよ」「大丈夫だよ」とポジティブな言葉をかけてあげると、安心してじっとしていてくれるかもしれません。

大変かとは思いますが子どもにとって苦痛にならないように工夫をしながら、楽しくシャンプーができるといいですね。

Oi-oi-oi!!! / TedsBlog

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。